ともこのもと。

 青年海外協力隊 村落開発普及員として、西アフリカ・ブルキナファソへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任国外旅行-セネガルへ(ダカール・サンルイ編)

みなさまぼんじゅーる!

かなり前の話になりますが、任国外旅行でアフリカの最西端、セネガルへ行ってきました。
いつの話かというと、6月6日~13日の話です笑w
えぇ、かれこれ2か月前の話w


えっセネガルがどこかって?
いやーそうですよね。みなさん、正直ブルキナファソの位置もどこか微妙ではないですか?
というか、アフリカの国の場所なんて、ここって見せてもらわないと絶対分からない。アフリカマニアでない限り笑
だって私ですら初めてブルキナファソって聞いたとき、ん?どこ?って思った張本人ですから。w

セネガルはここです。
アフリカ地図

アフリカの大きな地図の左端。
モーリタニアの下。
拡大するとこんな感じ。
セネガル地図

ハッキリ言って、最初に書いておくと、セネガルのこと正直に言えばなめていました。
同期の写真などを見ながら、どこか安心していた節もあった。笑

中南米の同期のFacebookの投稿を見ても、全然同じ協力隊員って思えなかったんです。
なぜこうも違うんだと。
置かれた環境が違いすぎて、ブルキナ隊のことがかわいそうに思えた時期もありました。w

そして、セネガル隊の写真を見ては、うん、仲間だ!と喜んでいたんです。

が、それは勘違いでした。


ダカールの都会ぶり。
それはさながらヨーロッパ。
涼しい気候、高層ビル、どこかコロニアルな雰囲気。

ブルキナのワガなんて、セネガル第二の都市ティエスにですら負けている。

SEA PLAZAというショッピングモールもあるし。
というかショッピングモールって何なんですかね笑
久しぶりにその単語を聞きましたよ。
ブルキナファソにはそんなもんないです。w


セネガルでは、以下のスケジュールで楽しんできました。

6月6日(土)ダカール泊
6月7日(日)サンルイ泊
6月8日(月)サンルイ泊
6月9日(火)リンゲール泊
6月10日(水)リンゲール泊
6月11日(木)リンゲール泊
6月12日(金)ダカール泊
6月13日(土)ブルキナ戻り

移動の様子はこんな感じ。
セネガル国内地図1

リンゲールというところ、首都ダカールからセットプラスという乗合タクシーで7~8時間ほど行った奥地にある隊員任地で、同期隊員が2人いた場所です。
この地図ではランゲールって書いてあるけど、リンゲールです。w

1人はそう、前回の日記に登場した彼女。
もう1人は同じ村落隊員で、森林局に配属し、植林キャンペーンや、村で改良かまどなどを作る活動をしていました。
今は任期を終え、世界一周の旅に出ていますw
今頃アメリカを横断していることであろう。。。

リンゲール滞在は後半のハイライトになりますので笑、また別途アップしますね。


ブルキナからAir Burkinaに乗り3時間ほど。
DSCF2483.jpg

DSCF2488.jpg
機内にTelmob(携帯会社)の広告があるのに爆笑。w

ちなみに機内ではブルキナで飲めるジュースが出てきてそれも笑えたw


さてさてブルキナを離陸したところまではよかったんです。

ほほーやはり上空から見たワガはこんなもんか~
やっぱり茶色いな~はははは
と思いながら離陸。

見えた景色はこんな感じ。
やはり茶色。笑
DSCF2497.jpg


そして3時間後に待っていたのは・・・・
DSCF2510.jpg


なにー?!?!?!?|д゚)

なんだこの大都会は?!?!?!?


おぉぉぉぉぉ・・・・・・声を失う。



そして、空港到着。
DSCF2516.jpg

飛行機を降りると・・・・

す、涼しい。

あれだけ暑かったブルキナは何だったの?!
と思う涼しさ。

空港も、ワガの空港に比べるとかなり大きい。
うーむ。完璧負けた。。もうどうしようもない。
まぁ最初から勝負なんてしようとも思ってなかったけど完敗でした。

そして宿に到着。いやー驚いた驚いた。
ここはアフリカじゃないとも思った。笑

ちなみに泊まった宿もかわいかったです(*'▽')
こんな感じの宿★
DSCF2534.jpg

バックパッカー向けの宿。おススメです。
当たり前かもしれないけど笑、お湯シャワーもちゃんと出るし、最高でした。
DSCF2525.jpg


さて、その翌日、ダカール隊の友人と合流し、ダカール観光。
アートな島ゴレ島、ローカルマルシェを散策。そして、夜はスペイン料理を堪能。

ゴレ島は、海がとてもきれいで、久しぶりに見た青い海に感動。
奴隷貿易の頃、ここに奴隷たちが捕えられ、ここからアメリカ大陸に旅立って行ったようです。
今はアートな島として、観光客を迎え入れてくれています。

DSCF2571.jpg

DSCF2578.jpg

DSCF2616.jpg

DSCF2667.jpg

海がめっちゃきれいで感動。


スペイン料理の写真撮り忘れましたけど、相当美味しかったです。
イカスミのパエリア、感動的なおいしさでした!!!
ブルキナにこんなおいしい食べ物、ないです!!!

ブルキナから来たわれわれはその一つ一つに驚き、ダカール隊の彼女たちとかなり格差があったような気がしました。。。
だってブルキナにはこんなおいしいレストランも、ショッピングモールも、何もないですから。
あるけど行かないのと、存在自体がないって言うのは全然意味が違います。


さてこんな大都会ダカールで驚いたことは、それだけではなくて、
①高速道路があること
②ゴミ収集車がごみを収集していること
③高層ビルがあること
④タクシーがきれいなこと、タクシーが7人乗りではないこと笑

・・・こんなもんでしょうか??笑

とにもかくにも、首都ワガドゥグとえらい違いすぎて驚きました。


さて、その翌日、世界遺産の街サンルイへ移動。

サンルイまではセットプラスという乗合タクシーで。
DSCF2697.jpg

ガラージュピキンという大きなバスターミナルのような場所から発着しています。
DSCF2685.jpg
値段忘れたけど確か5,000FCFAくらいだったかな?


道中、内陸部に差し掛かるとむわっとやってくるあっつい風。
これよこれ、と思いながらも、サンルイに近づくとまた涼しくなってきます。
やはり海沿いは涼しいらしい。

道中、カゴを売っているポイントもありました。
後ろに置いてある巨大なカゴを持って帰りたかったんですが・・・
どうやって持って帰るんだ?!って思って結局泣く泣くあきらめる。
小さ目のカゴでも1000FCFA≒200円くらいと安い。
DSCF2701.jpg


ダカールを出てから大体5時間くらいでしょうか。
サンルイに到着しました。
船がたくさんあって、シーフードもたくさん★
DSCF2708.jpg


海沿いのコロニアルな雰囲気。
DSCF2715.jpg

オシャレなものがたくさん売っていて、セネガルを全く感じない。
こんな場所にも隊員がいるらしので驚きました。
いやーブルキナとますます格差を感じる。

それにしても、地図もなく新しく来た街を歩くのって本当に大変ですね笑
自分がどこにいるのか全然分からない!

これまでたいていどこに行くにも地図を持っていたなぁと、今回の旅の無計画さにここにきて気付くって言う笑


そんなこんな地図なしでふらふらしていましたが、ここサンルイで同期隊員と合流!
DSCF2730.jpg

約2年ぶりの再会、楽しかったです★
あんまり2年ぶりって感じでもなかったけど笑

ここからは完全に彼らにおんぶにだっこ笑

サンルイに来たのは、彼らと合流する目的とフランス語のDELFという資格試験を受験するという二つの目的でした。

今回私が受けたのは、B1というレベル。
仏語圏に2年もいて仏語で活動してるんならB2位合格しろよって言う話だと思いますが・・・
初めてのDELF、勉強も十分でなかったので今回はB1にしておきました。。
B1で大体仏検2級くらいのレベルらしいです。

という訳で、セネガル旅行後篇に続きます。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tomocco12.blog137.fc2.com/tb.php/334-4c963cc3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。