ともこのもと。

 青年海外協力隊 村落開発普及員として、西アフリカ・ブルキナファソへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNICEF×JOCV【衛生啓発豆知識:手洗い編】

みなさまこんばんは!

日本はゴールデンウィーク最終日でしたね。
こちらはゴールデンウィークなんて当然ないですよ?笑
えぇ、なのでずっと活動していました。。


さて今日は、そんな活動の話。
珍しくリアルタイムで更新しようと思います笑


本日、私の活動校の1つであるAmitiéAとAmitiéBという2校にて、UNICEF主導による手洗いキットの引渡記念式典なるものが開催されました。
DSCF1780.jpg

現在、私はUNICEFと協働で学校衛生クラブや学校での衛生啓発活動を進めています。
まず、今回このようになるに至った経緯を少し・・・


2月にあったJOCV15周年記念式典。
少し前のブログに書いたかと思いますが。

その際、最近UNICEFブルキナ事務所に配属になった国際職員日本人(元ガーナ隊OG)とこちらのボランティア調整員が知り合い、ブルキナファソの隊員とコラボで活動を進めてはいかがか?なんて案が持ち上がったのは3ヶ月前のこと。

3月に意見交換の場を首都ワガドゥグにて2度ほどもち、小学校にて協働でどのような活動の可能性があるのかということを検討してきました。

そこで、今回UNICEFが実施している2500個の手洗いキット配布プロジェクトに便乗し、隊員の活動している学校にもそのいくつかを回してもらえることになったのです。

私の活動校では、結局小学校4校と幼稚園1校、計21個の手洗いキットをもらえることになりました。
DSCF1757.jpg
手洗いキットはこちら。

これまで恥ずかしながらほとんど知らなかったのですが、UNICEFブルキナ事務所の教育セクターでは、【ami de l'école 子どもに優しい学校づくり】という理念の元、学校の環境整備(井戸、水タンク、トイレの建設、手洗いキットや机イスなどの提供等々)、学校のクラブ活動推進(学校菜園、衛生クラブ、スポーツ等々)を積極的に行っています。

要は、子どもが学びやすいように、学校の中をハード面からソフト面まで充実させていこうというのが彼らのねらいです。

特に、彼らはこれらの活動をブルキナの中でもパイロット県としてナメンテンガ県と私の任地ガンズルグ県の2県を中心にこれまで進めており、今後は北の方であるサヘル地域も対象に含め、幅広い活動を展開していく予定であるそうです。

特に、ガンズルグ県はこれまで一番支援を実施してきた県であるようで、どうりで私の行く学校学校にUNICEFのポスターやら貼ってあったわけですね、と意見交換を経て納得。



しかも、私も活動をしている学校が彼らのパイロット校であったことも分かり、今回手洗いキットの引渡記念式典を私の活動校にて実施することになりました。

それが今日だったわけです!

開催予定の学校では、前日から子どもたちがいそいそと準備を進めている姿が印象的でした。
DSCF1763.jpg

今日はいつになくみんなおしゃれをしてきてこの様子。
DSCF1776.jpg

DSCF1777.jpg


プログラム内容は、国歌斉唱、ブルキナファソの伝統的なダンス披露、子どもによる詩の朗読、また、県知事と教育省の偉い人(誰だったか忘れた・・・笑)UNICEF事務所長、COGES代表者の挨拶を経て、手洗いキットの引渡、手洗いのデモンストレーション・・・
大体2時間くらいかけてこんな感じの内容でした。

DSCF1782.jpg

DSCF1793.jpg

DSCF1797.jpg

しかもUNICEFだけではなく、JICAはもちろんのこと、更にはたくさんの報道も取材に来てくれて、、新聞やネットニュース、ラジオ、テレビも。

こんなにプレスの人が来てくれる機会もそうそうないだろうなと。
現在JICAの所長が一時帰国のため参加できませんでしたが、所長がいれば所長も来てくれるレベルのことだったようで。

UNICEF事務所長のあいさつでは、JICAと隊員活動のアピールを大々的にやってもらって、私の活動もたくさん紹介してもらいました。
本当に恐れ多いです。。。
でも、ものすごいアピールになりました。
UNICEFの力ってすごい。

式典後は学校の先生たちからものすごく感謝され、、いやー私の力だけではないが、私が活動してなかったら今回ここでこの記念式典は行われなかったであろうというのも事実なわけで。。。何とも言えない複雑な気持ち笑



午前中に式典を終え、午後は学校のプログラムとして衛生啓発を定期的に実施してきている別の活動校で、手洗いキットを使ったエボラ出血熱予防の啓発。


これが大変でした。
午前の式典から引き続き、いくつかのプレスが残って取材したいということで・・・

1週間前から先生と啓発計画を練り、何度も練習し。
子どもにエボラ出血熱がどのように感染するか、フランス語で理解させることの難しさよ・・・

UNICEFがエボラ対策のポスターを作って大量配布しているのですが、それを使って啓発しろとのお達しもあり、それがこちら。
20150506_073347.jpg

①エボラってどんな病気?感染するものは避けよう
②手を洗ってエボラを防ごう
③エボラの症状の人がいたらどうする?

という3段階から構成されるのですが。
うーん、ちょっと分かりにくいんです。
特に、①の感染ルート。ここが分かりづらい。

いつも、もっと分かりやすい絵を使って啓発しているもので、子どもの反応が違いすぎて笑えた。
いつもやってる絵を使った啓発の様子。
DSCF1728.jpg

今日の朝も、朝一で学校へ行き、もう一度おさらいをして、うまく答えられるようにするということもしました笑。
目的が違うんですが。

ポスターを使って先生が教えている様子。
DSCF1718.jpg

まぁそんなこんな、軽い演劇も交えた授業を実施。

みんなうまい具合にやってくれた!と思います。
子どもたちに拍手!!

しかし、

啓発が始まった最初の先生の発問 : 「みんな、どんな病気を知ってる?」

に対して、「エボラ!!!」が最初に来た時は笑ってしまいましたが。。。
もっと他にもあるだろう!明らか予習してるのがバレるやん!ってw
突っ込みたくなりましたけどね。

プレスの人たちには正直、何度か練習した感じはお見せすることになってしまいましたが笑、まぁいいでしょう。



実は、この話が持ち上がった時からいろいろ心配だったのですが、来てもらってよかった!と今は心から思っています。


ブログに書こうと思ってずっと書きそびれていましたが、10月にブルキナファソの水の防衛隊で手洗い啓発である、『手洗いキャラバン』なるものを企画実施したのです。

その時やった手洗いの啓発も活きていることが今回の啓発を通じて分かりました。
手洗い啓発パネル

手洗いキャラバンでは、このような手洗いのパネルを使って、アクティビティを混ぜつつ正しい手洗いの手順を伝えました。

①手を濡らす
②石鹸をつける
③手の平を洗う
④手の甲を洗う
⑤指の間を洗う
⑥爪の間を洗う
⑦手首も忘れずに
⑧最後はきれいな水で流して終わり!

という8段階です。

そして、Tシャツも作りました笑
私はその時に作ったTシャツを着て、毎回啓発活動に行っています。

このパネルを今回、エボラ啓発の②手を洗おう!という段階の部分で使用しました。


エボラ+手洗いの啓発を経て分かったことは、子どもはこの手順をきちんと覚えて、親や兄弟に共有できるように一人ひとりにパネルのコピーを配布したのですが、それをちゃんと家でやっているということ。

活動が積み上がってきてるのだなぁということを実感できたことが嬉しかった。


一つひとつの活動が結びついているかどうかを計ることは案外難しいのですが、こうして点と点が実は結ばれていて、有機的に動いているのだということを実感できるのは活動の醍醐味だなぁと。


ひとえに本来であれば活動の終盤であることからこういう風に思うのかもしれませんが、まだまだ時間もあるので、ここから再スタートを切ったつもりで、また前進していこうと気持ちを切り替えるいいきっかけになりました。


ちょうど帰国まであと8ヶ月!

UNICEFとの協働から活動の幅も広がった今日この頃。

今後も楽しみながら任地の衛生状態の改善に尽力しようと思います。

なるべくブログも更新していきますー
ではまた★


以下、もしも候補生のみなさまで読んでる方がいれば・・・

※任国で衛生啓発に携わる予定の候補生のみなさま(KTC:仏語圏):この手洗い手順のパネルはKTCの図書館に所蔵されています。私は自分のアトリエの際にこれを使って手洗いの啓発実践をしました^^
案外このパネルは任国に行ってからも使えるので、1回KTCにいる間にこれを使った啓発計画を立てておくととても便利です。
私はこれまで衛生啓発をしたことは一回もなくて、何から活動をはじめればいいのか全然分からなかったのですが、KTCのアトリエでこのパネルを使って啓発したことで、こちらでもそれを活かした活動ができています。
皆さんも是非是非やってみてください。

P5311702.jpg

参考までに、私のアトリエの様子
パネルは私が持ってるので、写真に写ってないけど笑
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tomocco12.blog137.fc2.com/tb.php/329-e33c4276

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。