ともこのもと。

 青年海外協力隊 村落開発普及員として、西アフリカ・ブルキナファソへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルキナファソのParis

ブルキナ中の外国人が集まるのではないかと思われるAvenue Kwame Nkrumah。
ここをブルキナのParisとでも呼ぼうか。

そんなこの通りには、なんとこんなオシャレカフェがーーー!!!!
その名もCAPPUCCINO!(カプチーノ)
cappuccino.jpg
こちらに来てから既に同期と2回も通っています。
ここのスイーツが激アツなのですよ。

だって、この暑くて、暑くて、熱い(笑)ブルキナでこんなパフェ食べれちゃうんです。
cappuccino2.jpg
すごいでしょ?
味もとてもおいしい~~~!!!

こんなことばかりしてるからあっという間に最初に両替したお金が無くなりそうなんですが(笑)


でも、今日はこのブルキナのParisであったちょっと怖いことを書いておきます。

そう、あれは土曜日。
ブルキナの先輩隊員たちと楽しく夜ご飯を食べて帰ろうとした時の出来事。
ちょうどご飯を食べたのがこのAvenue Kwame Nkrumahにあるインドカレーのお店。(そうなんです、食べれないと思ってたインドカレー、なんとブルキナでも食べれるんです笑)

お店を出てからタクシーを拾おうと、道路沿いを歩いていた時のことでした。
(安全面から、夜間の移動はタクシーを使わないといけないのです。)

私たちは10人くらいの集団で、私たちの前を欧米人2人が歩いていました。
ちょっと気が緩んでいたその瞬間、遠くから何かが来て、ものすごい速さで通り過ぎ、目の前にいた欧米人が呆気にとられている。

一瞬何が起きたのか全く分からなかったのですが、引ったくりの現場に遭遇したわけです。

二人乗りのバイクが遠くからものすごいスピードで近づいてきて、肩掛けバッグを一瞬の隙に盗み、その犯人が逃げる現場を目撃してしまいました。

技の華麗さたるや本当に見事でしたが、なにより自分たちも狙われていたのかと思うと、背筋がぞっとしたのと、全く危機感を持っていなかったことに改めて気づかされました。

先輩隊員曰く、このAvenue Kwame Nkrumah、ブルキナの中でもぴか一で犯罪が多い場所だとかで、男性でも一人で歩きたくないくらい危険らしい。
そんな場所だとつゆ知らず。。。

改めて、自分の危機管理能力の低さに気づかされました。
ブルキナに来てから本当に平穏な毎日で、危ないことなんてほとんどなかったので気が緩んでましたが、やはりここはアフリカ、自分の身は自分で守らねば。
と気持ちを入れるいいきっかけになりました。
何より、私たちに被害がなくて本当に良かった。
以後、気を付けます!!!


さて。
実はこちらに来てから同期が2人既にマラリアにかかりました。。
私は元気すぎるくらい元気でびっくりですが。

一人は薬の副作用でもかなりつらかったようなので、絶対にマラリアだけにはなりたくないと思いました。
安全面に加え、体調管理も気をつけねば。

明日は、モシ族の王様に謁見しに行きます~どきどき。
こちらで作ったセットアップの衣装で謁見します!
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tomocco12.blog137.fc2.com/tb.php/227-d9d3c116

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。