ともこのもと。

Date : 2014年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年経過

みなさまこんにちは。
かなりのご無沙汰・・・。
とうとう7月も1回しかブログを更新できませんでした(-_-;)
この記事も、実は7月最初に書いたもの(笑)

というのも、その原因は恐らく病気。
前回の日記に書いた下痢+発熱症状での療養で1週間。
omimai.jpg
調整員の奥さんから頂いた差し入れ。
日本米に感動!!!

更に、今回は膀胱炎にかかり、また療養で今ワガにいます。
今回はギリギリまでJICAに連絡をせず様子を見ていた
ため、連絡が遅くなってしまいました。
膀胱炎って薬を飲まないと治らないのは分かって
いたのですが、治るかなぁ大丈夫かなぁとか
思って放置していたら全く改善されず。。。
水曜日に病院を受診し、やっとよくなってきました汗。
最近ボランティアの中で尿路感染症が流行中。
ここ最近だけで私も含め3名の隊員が尿路感染症に
かかっていて、注意喚起が出ているほどです。
本当は日曜日から同期と国内旅行の予定が。。。汗
ドクターストップで私は行けなくなってしまいました。
かなしい。
ayaka et moi1
旅行に一緒に行く予定だった同期で一番仲良しの隊員。
なんやかんやで元気です(笑)

ちょっと前まで全く食欲もなかったけど、今は
かなり復活。
ただ、ブルキナ料理はもういいかな・・・(笑)
美味しい料理食べたいなぁ。

前は同僚の家でよくごはんを食べさせてもらっていたのですが
ここ数週間ご飯を食べに行くことができなかったのが悲しかった。
とは言いつつ、前に比べたら大分食べれるようになってきたので、
徐々に同僚の家にも遊びに行ってご飯を食べさせてもらっています。


雨季が本格化してきたようで、涼しい毎日・・・
というか、雨が降ると寒いくらい。
あと、蚊がとても多い。
家の庭も、同僚たちが耕し始めてこの様子。
la saison de pluie3

最近、長袖を着て過ごす日も多いです。
これから雨季の間はしばらく涼しい日が続き、
10月に近づくにつれ暑さがまし、12月に向け涼しくなる。
という気候の変動をたどることが予想されます。
本の束の間の一息。
とは言っても日中は結構暑いんだけど(笑)
gandaogo2.jpg
最近の村の様子。

-------------------------------------

さて早いもので、ブルキナファソに来てから1年が経ちました。
先週、26年度1次隊の4名を迎え入れ、
現在隊員は長期26名+短期1名の27名です。
あと2次隊と3次隊が来れば、
全8隊次ということになります。

自分がこちらに来たころは、たった5人の先輩隊員と同期11名という状況で、
あの頃を思うと、今ここに30名弱の隊員がいるなんて信じられません(笑)

職種も、村落開発普及員、コミュニティ開発
青少年活動、野球、柔道、バレー、小学校教諭、
番組制作、野菜栽培、稲作・食用作物・・・
前に比べバラエティー豊かになってきました♪

村落隊員も最初は5人だったのに、
今はコミュニティー開発を合わせて
8名にまで増えました!!
26-2が来たら今度は10名になります。
10月の彼らの到着が今から楽しみです。

初めは、本当にいろんな不安が多かったような気がしますが
優しいブルキナべに救われ、1年間特に大きな病気等もなく
元気に楽しく過ごせたことが心から嬉しいです。

それにしても、こっちに来る前
いろいろ気にしていたあの不安は
一体なんだったんだろうかと思うほど、
こちらの生活になじんできました(笑)
いやーもうすっかりブルキナべかな。

1年経過の所感を書くにあたって、
半年経過時に書いた記事を読み返してみました。

かなり前のことのような気がするけど、
大枠ではあんまり状況は変わってない気がします(笑)

では、1年経過して、変化したことをつらつら書いてみます。

ニワトリ
P6207272.jpg
一番の驚き。それはこれまで怖くてつかめなかった
ニワトリを掴めるようになった。
まだ、自分ひとりで走っている彼らを捕まえることはできないけど
動きの鈍いやつであれば捕まえられるし、彼らを捉えて自転車や
バイクのハンドルに吊り下げ、移動することもできるようになりました。
いやー、成長したもんだ。
ニワトリを飼っている甲斐があります。
ただ、ニワトリを絞めるのはこちらでは男性の仕事なので、
これは私にはできません(笑)
帰国までに、ニワトリを捌けるようになりたいなー。
捌いたニワトリでから揚げを作りたい。

虫、トカゲ
虫やトカゲの出没に驚かなくなりました。(笑)
むしろ、あ、いたのね。くらいの感覚。
こちらに来た当初はちょうど雨季まっただ中で、
家の中が虫だらけ・・・最初はいちいち「ギャー!」って
叫んでたけど、今や何のその。
バラエティー豊かなラインナップの観察が
楽しくもあります(笑)
時期によって出てくる虫が違うので、虫を見て
あ、今はこの季節。とか思えるのもまた面白い。
ちなみに、ヤモリの糞やネズミの糞ももはや
どうでもいい存在。。。(笑)
最初はなんだこれは!と掃いても掃いても
次の日にまたある糞に嫌気がさしていたけど
今やそんなこともなくなりました。
慣れって怖い。


砂ぼこり!砂まみれ!これも、慣れた(笑)

gandaogo.jpg
これは村に向かう未舗装路。

服を洗うと、水が砂の色。
しかも、服の汚れが落ちない!!!!
なんてことも日常茶飯事だけど、
でもそれももう気にならない。
毎日掃いても掃いても溜まる砂に最初は
なんだこれは!と思っていたけど、
もう慣れました。
最初は鼻の穴にたまる砂汚れに驚いていたけど
それもなくなりました(笑)
身体の方も、順応してきたなぁと感じます。
ブルキナに来る前に覚悟してきた砂の量より
実際の量はかなり多かったけど、慣れてしまえば
何のその、今は全然気にならない。
これが不思議でならない(笑)
でも、また砂の量が増えてくる10月11月に
唖然とするのかもしれないけど。


停電・断水
停電しようが断水しようが、基本的に驚かなくなりました。
節水の方法も、今はコツを得てきて、食器の洗い方
水浴びの仕方、トイレの流し方・・・などなど、
水を使う部分の節水方法が分かるようになりました^^
やったことはありませんが、ペットボトルの水1本で
水浴びをしろと言われたら、できると思う(笑)
派遣前にそんな話を聞いたとき、
そんなの無理だと思ったことが懐かしい。

ワガドゥグ(首都)のことがよく分かるようになった
la carte douaga
ワガの地図。

現隊員の中でワガ上京回数ナンバーワンの私。(笑)
ワガ隊より詳しいんじゃない?と言われることも多々(笑)
ワガの美味しいお店や、おみやげ屋さんなどなど、
場所の位置関係や、所要時間も、かなり分かるようになってきた。
だからなんだって気もするけど、
これも1年いたからこそだなと思います。
同僚にもお前はワガが好きすぎる。
とくぎを刺されるほど。。。(笑)
なんか日本にいた頃から大して変わってない
ような気がしますね。あの頃もなんやかんやかなりの頻度で
東京に行ってた気がします。

ブルキナ食を食べたくない衝動
1年経ち、マイナスな変化として、ブルキナの食事を
身体が受け付けなくなってきているということ。
リソース(スープご飯?)やリグラ(油ごはん?)
を食べたいと思えない。。。
日本食が恋しい・・・帰国したいと思ったことは
1度もないのに、恋しいのは日本食・・・(笑)
あぁぁ日本のごはんが食べたい。
もっと言うなら、お母さんの作ったごはんが食べたい。

ブルキナのことが好き!という気持ち
ブルキナ食は食べたくないけど、ブルキナことは大好きです!
9ヶ月経過した頃、なんでか常にブルキナべに対してイライラ
した気持ちを持っていました。
活動しようにも、なんかブルキナべの言動にイライラ。。。

このころ、カウンターパートとの関係も若干悪くなっていて
自分の気持ちの持ちようが悪かったのかなと思う。
最近、専門家の方とごはんを食べる機会があって、
いろんな話をしていただきました。
それがとてもよかった。
彼は、プロジェクトでブルキナにここ数年通っている方で、
私よりも任地の水衛生にまつわる状況を分かっている。
そんな人から客観的に任地の状況を教えてもらえて
それでまた見る目が変わりました。
これまで、活動に関してカウンターパートを
どう巻き込めばいいのか若干悩んでいました。
というのも、私のカウンターパート、どうも衛生啓発に関して
自分の仕事、と思っていない節があり、啓発をメインでやろうと
している私にとって、カウンターパートとのかかわり方が
見えてこない・・・と思って悩む日々。
これも、やっぱり私の感覚が正しかったけど、
ちゃんと活動について報告し、理解してもらえれば問題ない
ということで、自分がやってきたことが間違ってなかったんだな
と思えました。

ちょっとブルキナのことが好きって言う気持ちと
ずれたかもしれないけど、カウンターパートとの関係も
今は良好で、仲良くやっています。
周囲のブルキナべのことも、私は大好きです。
職場や近所のみんなも、とてもよくしてくれていて、
2月に新しく来た局長とも仲良くできています。
カウンターパートのことで悩んでいた時、力を
貸してくれたのも彼でした。

任地
元気が出ないとき、私を救ってくれるのはいつも、ブルキナべ。
任地で「Tomoko~!!!!」と、みんなに手を振ってもらって
元気か~?!元気だよ~!という何気ないやりとり。
これが、一番の元気の源。
任地のことが大好きです。
ワガから帰ってくると、特にそう思う。
名前を呼んでもらって、あぁ、帰ってきたなと実感。

前は、「ナサーラ!」って呼ばれることが多かったけど
今は名前で呼んでくれる人の方が多くなってきた。
家の周りはもちろんのこと、いつも通っている村へ行く道
や、ゾルゴマルシェでもみんなからともこって声をかけて
もらえる。

朝、家から職場までの道ですら、何人にも呼んでもらって
それだけで元気が出てくる。
ここに来れてよかった。ブルキナを希望してよかった。
と心から感謝しています。

残り1年切りました。
一日一日を大切に。
健康第一で頑張ります(・∀・)
bousse.jpg
スポンサーサイト

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。