ともこのもと。

Date : 2014年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nabasgaと下痢・発熱―久しぶりの40℃

みなさま。
またまたお久しぶりになってしまいました。

しばらくブログを書いてない間、家のニワトリが病気になって大変でした。
10羽以上、病気で死んでしまいました・・・悲しすぎる。
でも、最近15羽のヒヨコを産んだ母鳥が、彼らを連れて散歩している姿に
癒される今日この頃。
mes poussins

気づけば6月も終わってしまい、先週火曜に24-1の先輩隊員を見送りました。
そして、本日7月1日に26年度1次隊を4名迎える予定です。

26年度1次隊と言うことは、私は25年度1次隊なので・・・
それはつまりブルキナに来てから1年経つということ。
1年経過についての所感はまた次回のお楽しみ、ということで、
今日は任地のお祭りのことを書こうと思います。

6月28日~29日の3日間、任地のナーバ(王様)をお祝いするお祭り
Nabasga(モレ語で王様のお祭りという意味の言葉)が行われました。
この3日間、ナーバの家を取り囲んで夜通しお祭り騒ぎ。
chez naaba
ナーバの家の前はナーバの写真でデコレーションされてこの様子。

nabasga_3.jpg
たくさんの出店で、ナーバの家の前はゴミだらけ・・・(゚∀゚;)

そして、土曜日の昼間はナーバが馬に乗って現れ、その行進に住民が
連なっていくというのがメインイベント。
nabasga_1.jpg
傘の下にいる人がナーバです。

この3日間は、任地の住民たちはナーバの顔が入った布で仕立てた
おそろいの服で街を歩いていました(笑)
pagne de naaba
こう見ると、みんな同じ布!(笑)

近くで見ると、ナーバの顔が布に書かれている!
nabasga.jpg


実は私にとっては今年で最初で最後のNabasga。
毎年6月末に開催されるようなので、来年の今頃は、最終上京で
ワガにいると思われます。
多分ブルキナにはいるんだろうけど、任地にはいれないんだろうな
という悲しさ。
その分思い切りお祭りを楽しもうと、とても楽しみにしていました。

という訳で、最初で最後のNabasgaへ気合を入れて
服を仕立てたものの「仕上がりは金曜日だから」
といつもお願いしている仕立て屋に言われていました。

そんな時、木曜日に活動中に食べた肉スープの肉にあたったらしく、
木曜の午後から急激な下痢に襲われるという事件発生。
soup de viande
これが問題の肉スープ。

最初はそこまでひどくなかったのですが、夜半過ぎから2~3時間に1度目が覚め、
トイレにかけこみ、その後またすぐトイレに籠る。この繰り返し。
その頻度もだんだんひどくなり、1回トイレに起きるとその後5回は行くの繰り返し。
この状態を明け方まで繰り返し、金曜日にも活動を予定していたのですが
「あ、もう無理だ」と朝5時頃悟りました。

しまいには寝床から起き上がることさえ苦痛となり、
段々体の節々も少し痛むような気がすると思い始めました。

「もしかして熱とかあったりして・・・」

なんて思った時には熱があるもんですよね。
最初に体温計で計った時は36.9℃だったので、
まぁちょっと平熱よりは高いなくらいでした。

活動はもう行けそうもないので、行けない旨の連絡を入れ、
ひたすら寝る。水でも飲もうかと起き上がることもかなりの苦痛。
水を飲むとその端から下痢。

もう一回熱計ってみようと思って計ると37.5℃。
段々上がってきた。まぁでも37℃だし大丈夫だろう。
しかし全く食欲がないのが気になる。何も食べたくない。
というか食べたら下痢になる。

そうこうしてると健康管理員から電話。
「大丈夫ですか?」と。
状況を説明、恐らく食あたりでしょうと。
念のため熱が38.5℃以上になったら連絡ください。
とのことで電話を切り、寝る。
具合が悪い時ってどれだけでも寝れるもんですね。
起きると汗がダラダラ垂れている。おかしい。
暑いし関節も痛い。
熱を測ると38.9℃。おぉ38℃越え。
下痢は相変わらず止まらない。

その後も寝たり起きたりを繰り返す中、まさかの39.9℃をマーク。
さすがに焦る。マラリア?!(゚∀゚)?!
いやいや予防薬ちゃんと飲んでるしまさかね・・・
と思いつつも脳裏に不安がよぎる。
健康管理員からマラリア検査の指示が出たので検査。
これが痛いのなんのって・・・もう、二度とやりたくない。

薬を飲んで熱が下がり、薬が切れて熱が上がるを2回繰り返し、
結局金曜は夜に少しだけおかゆを食べたくらいでほぼ1日
なにも食べれない状態で終了。
もちろん、仕立て屋に服を取りに行くなんて論外。
ただ、夜の時点では熱もかなり下がり、土曜日はもしかしたら
お祭り行けるかも!という希望的観測。
健康管理員からは、上がって来れそうなら上がっておいでと
言われたものの、お祭りに行きたい気持ちと、下痢の状況から
上京は難しいと判断。土曜日の朝の状態で決めることに。

翻って土曜日。

朝起きると、熱もない。体調も悪くない。大丈夫かも(゚∀゚)!!!

と言うことでお祭りに行こう!と、元々来る予定だった同期3名を招集。
ワガ・隣町のクーペラ・そしてブッセ(ワガから北方向50キロの町)
から、同期が来てくれて、楽しく過ごせました。
同期女子三人で記念撮影★
ayaka, kanami et moi

どうも人がいると気持ちが張るのか、下痢も治まりかけるのだけど
彼らが帰った日曜日夜からまた下痢が再発。
月曜の朝にはまた朝だけでも5、6回トイレに駆け込むほどだったので
これは今日も活動に行けないかも・・・どうしよう。
と、悩んでいたところに、健康管理員から電話が。
具合はその後どうですか?と。
ありのままを説明したとところ、
木曜日から5日経つけどまだ治らないんだね。長いね。
首都でちゃんと病院受信した方がいいでしょう。
とのことで、上京。という運びになり今、ワガにいます。

上京してからすぐに病院を受診したのですが、
そこで人生初の点滴を経験。。
ついこの前健康診断で採血したばかりなのに再び採血。
それも痛いのなんのって・・・もう二度とやりたくない。。。

今日、便検査と検尿を提出し、金曜日に結果が返ってくるとのこと。
血液検査の結果が思った以上に悪かったようで、
今週はワガにいるように指示されてしまいました。
検査結果を待って任地に来週帰れたらいいなぁ。
とりあえず、もう二度とブルキナの医療を受けたくないなと
ひしひしと感じました。
健康第一ですね!
スポンサーサイト

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。