ともこのもと。

Category : 青年海外協力隊―派遣後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国しました!

みなさま、ご無沙汰しております!!!!!

11月からずーっと滞っていたブログ・・・笑
実は2016年1月7日、無事に帰国しましたw

空港まで友人と家族が迎えに来てくれて、最初のごはんはお寿司を品川で食べました!
めちゃおいしかった・・・

ずーっと長いことブログを放置し過ぎてどうしたものかと思っていたのですが、ようやく更新せないかん。という気持ちになってきたので書いてみることにしました。

帰国直後にブルキナファソでは、ワガドゥグ市内にある外国人が利用する高級ホテル&カフェの襲撃テロが起こりまして、治安が悪化してしまいました。
西アフリカにいるアルカイダによる犯行で、今は少し落ち着いてきたようですが、その後3月に隣国コートジボワールでも同様の事件が起こり、あまりいい状況とは言えないようです。
せっかく決まりかけていた隊員の新規派遣も、これでまたしばらくの間様子見ということになり、当分の間隊員はブルキナに派遣できないことになってしまいました。
せっかく延長したのに、それも意味ないくらい、当分の間は後任は来れません。
早くて1年後でしょうか。。。


さて帰国してから早3ヶ月が経過。
あっという間に時間が過ぎていきます。

帰ってきてから誰もが避けては通れない道「帰国ショック」を経験し、気持ちが落ち込んでいた時期もありました。
この症状は人によって異なるらしく、私の場合は2年前と比較して大きく変わっている日本、それと比較し自分は何も変わってないのではないかということ、協力隊の2年間をうまく人に伝えられないことが苦痛でした。

帰国隊員がよく口にするようなことももちろんショックでした。
例えば・・・

〇東京の高層ビル群
〇みんなが話している内容が分かってしまう
〇電車のアナウンス
〇周囲にいる人が皆日本人であること
〇電車に乗るとみんながスマホをいじっている
〇挨拶をしないこと

その他もろもろ、なにもかもショックと言ってもいいくらい色んな事がショックでした。

まぁしかし、こんな症状は時間の経過とともに和らぎ今はもう何ともないのですが笑
大分日本になじんできました。
そろそろブルキナベであることはばれない自信があります笑

東京を離れ、地元山口に戻ってくるとそれはそれでショックなことが待ち受けていました。

〇山口の高齢化
〇田舎すぎる
〇就職口がない

などなど、段々と山口をはじめとする地方都市のこの先のことが心配になってきました。


帰国後2ヶ月半くらい経った辺りで、さすがにそろそろボーっとしていてもいかんとある日急にふと思いました。

そこから就活を始め、あれよあれよと内定をもらい、この度働き始めることが決まり5月から仕事をします。
就活を始めたとき、実は地元での就職というのも考慮に入れハローワークで求人検索もしました。
しかし、自分が望む仕事があるはずもなく、、、
結局別のところから見つけた仕事に就くことになりました。


就職先は、広島県東広島市にあるJICA中国です。

協力隊に行く前から、帰国後はJICAでお仕事できたらいいなとずっと思ってきましたが、今回夢が叶い、お仕事をさせていただける運びになったことはとても嬉しいことです。
まさに、願えば届くとでも言いましょうか、こうなりたい!と思ったことはより実現に近づくのだなと実感しました。


また数年後、アフリカに戻れるよう、ここから数年は日本で実務経験を積もうと思います。

2年半の協力隊任期中はみなさまに多大なるご支援を頂き無事に任期を全うすることができました。
感謝してもしきれません。
今後も協力隊で得た経験をもとに、国際協力業界で日々邁進していきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
DSC08194_2.jpg
スポンサーサイト

国際協力を続ける理由

みなさまぼんじゅーる!
やはりブログを更新するのがなんとなく面倒になってきている節があり、あまり更新できていません。すみません。。。。笑

帰国までの日々が迫るわけで、帰国まであと40日。
帰った後なにするんだろう、自分。という考えが最近もっぱら考えていることです。
前職をやっていた頃は、毎年この時期になるとセンター試験まで残りあと何日!というカウントダウンをしていて、もう結構いいところまで迫ってきているなぁなんて感慨深いです。

ここにきて活動は佳境を迎え、思っていた以上に忙しい!目が回りそうだ。
あれもこれもやらなきゃ!という状態で、正直全部はやって帰ることはできないかと思います。。。
半年も延長したくせに・・・汗。。。
ということは言わないでくださいねw


さて今日は最近考えている、この先の進路についてつらつらと。
なんだかダラダラ書いてしまったので、時間のある方だけ読んでください笑

隊員任期終了後どんな人生を歩いていくのかは本当に人それぞれなのですが、元隊員がどんな進路に進んでいくものなのか、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

私の同期は7月に帰国し、今帰国してもうすぐ4ヶ月が経とうとしているところで、多くの人は再就職先を見つけて仕事をはじめています。
もちろん、まだ就活を続けている人もいれば、大学院へ進学した人も。
JICA職員、教員の臨時採用、一般企業、大学職員、などなど、などなど。
資格を持っている看護師、助産師、栄養士なんかの人々はそのまま資格を活かして病院や施設などで仕事をすぐに見つけて働き出している姿を見ると、やはり資格は強いなぁなんて思ってしまいますね。


さて、そんな中私はというと4月から働くぞ!なんて意気込んでいたものの、帰国まであと○○日!と迫ってきてからは、「あれ?勝手に4月から働くなんて言ってたけど、本当に仕事見つかるの?????」と、急に不安になってきました。

というのも実家は山口県でして、次の就職は東京で、なんて思っているのですが、仕事も見つからないのに都内には出ていけない。。。
まずは仕事を見つけないと。ということで、仕事を得ることが先決ですよね。
これは早ければ1月から働くぞ!てなくらいの心意気で就職活動をはじめないと、4月から働けないかもなんて、急に不安が襲って来たのでした。まさか、帰国2か月前にそんな気持ちになるなんて、出発前の私が聞いたら「いやいや!何言ってるの!そんなに焦らずとも、帰国後に就活はじめればいいやん!」とか言いそうだけど、なんだか今の私は早く働き始めたいなという気持ちが強くて、一体どうしてしまったのでしょうか笑
まぁ働きたいなんて思うのはいいことですよね。

そこで考えている次の進路ですが、やはり私はこの国際協力の道を歩んでいきたいと思っています。

自分のやりたいことってなんなんだろうと、前職の頃にずっと考えていました。
興味のあった教育業界。働いてみて思ったことは、前の仕事も面白かったけど、これは自分が生涯をかけてやっていきたい仕事ではないのだと。
そして少しずつ生まれてきた「自分の周囲にいる日本人が、どうもあまり途上国に興味関心を持たないこと」という問題意識を少しでも解決し、よりよい国際共生社会づくりに貢献していきたいそんな風に自分の気持ちが変わってきました。
日本にいる多くの人たちが興味をあまり持たない途上国と日本がよりよい国際共生社会を作っていくことに貢献したいのだと、そう感じました。もっと途上国の人と日本を繋ぐことのできる仕事がしたいと。

それでやってきた協力隊。
現場に来てみてからわかったことはたくさんあるけれど、改めて思ったことは、やはり現場は思っていた以上になにもないのだけど、それ以上に日本が失ってしまった何かがある魅力的な場所であり、こちらの現状を遠く離れた日本のみなさんに伝えていきたいということ。2年半のブルキナ生活ではいつもブルキナべに助けられ、私が何かを伝えるというよりは、学ばされることの方が多かった。隊員時代にできなかったことがたくさんあって、ここはまだまだ発展の途中であること。ブルキナべにもっと恩返ししたい。ここの暮らしは決して裕福ではない。彼らのよりよい生活づくりにまだまだ貢献できることがたくさんあるのだ。この先も、ずっと西アフリカと関わっていきたい。
こんな気持ちがふつふつと湧くようになってきました。

そこでどうしたらそれが実現できるのかなという時に、この先国際協力を続けていく中でいつの日かまたフィールドに戻ってくることだなと思ったのです。

私にはこれと言った専門性がないことが悩みで、現場で活躍する専門家になるにはまだまだ国内外での実務経験が足りていません。
その為、これから帰国したらそのキャリアになるような仕事を選んで専門性と経験を身につけ、いつの日か仕事で西アフリカに戻ってきたいです。それがこれからの目標。

ずっと協力隊に来ることが人生の夢であり、目標でした。
夢をかなえてしまって、これでゴールだ。なんて思っていたのですが、そんなことはなかった笑
むしろ、ここがスタート。最近やっと気付いた。

まだまだ語学力も経験も足りていない。
結婚だって出産だってしたいし、この先自分の家族を持つのも、大きな夢。

だから、仕事で西アフリカと関わり国際協力に貢献すること、自分の家族を持ち、自分の大切な人と一緒に過ごすことこれらをこれからの人生の軸として歩んでいきたいです。

国際協力っていろんな側面があって、必ずしも美しい世界ではないのですが、私はこれから自分の人生をかけて、貢献し続けたいと思います。

これが協力隊に来て出た答え。
本当に来てよかった。
新たなスタートをよい形で切れるよう、就活頑張ります!!!

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。