ともこのもと。

Category : 任国外旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任国外旅行-セネガルへ(リンゲール編)

みなさまぼんじゅーる!

今日は前回の任国外旅行セネガルの後編をお届けします。
6月6日~13日まで任国外旅行で8日間。
西アフリカのパリ?セネガルに行ってきました。

前回、旅の前半戦である、ダカール・サンルイのことを書いたので、今回は後半のハイライトであるリンゲールのことについて書こうと思います。


さて今回の1週間の旅程。
セネガルには同期が17人おりまして。

みんなの任地の様子を写真で見ている限りではブルキナとそうたいして変わらないのでは。
なんて勘違いしてたんですよね。

いざ行ってみると、地方の生活の様子は一見似ているものの、食べている物が全然違う!

これがセネガルの主食、チェブ・ジェン(フォロフ語で、米、魚という意味で、魚が乗っている炊き込みご飯のようなもの)
DSCF2744.jpg

噂ではブルキナのリグラ(フランス語で米、油という意味で、その名の通り、油で炊いたご飯w恐ろしい・・・)
に似ているという話であり、同じような味かな~なんて思っていた。


が、明らかに違う。

出汁が効いているとでも言おうか、ふんわり香る魚介類の味が本当に味わい深い。
その上に乗っている野菜の量然り、完全にリグラではない笑

リグラと思っててごめんなさい。
そんな気分になりました。笑

これは今回のセネガル旅行で一番美味しかった、同期の配属先長の自宅でごちそうになったごはん。
DSCF2745.jpg
配属先長と共に。


さて、その他食べ物も、さすが海のあるセネガル。

えー結局名前の分からなかったリソースのような食べ物

ドモダ?だっけな?
DSCF2894.jpg

見た目完全にカレーですけど、味はトマトっぽい味です。


ヤッサと呼ばれるタマネギとレモンのさっぱりとしたソースのごはん。
写真撮り忘れた。

サンドイッチの具までこのヤッサの味なのが驚いた。

ちなみにチェブ・ジェンとヤッサは二大セネガル料理と言っても過言ではないでしょう。
ブルキナのセネガル料理屋さんでもよく食べられます。


さて、その他リンゲールの特徴としては、やはり砂漠。

見よ、この砂を。w
DSCF2899.jpg

ちょっと奥に入るとこんな感じでした。
ちなみに家の周りもこんな感じで砂だらけで、靴の中にも大量に砂が入ってきました。
さながらモロッコの砂漠のよう。

ブルキナファソのことも、いやー本当に砂漠、ここ。
とか思っていましたが、リンゲールの砂漠ぶりはブルキナのさらに上を行く感じでした。

普通に歩いているだけで砂に埋まります。
バイクや自転車も、砂に埋まってしまうのであまり適しているとは言えない。

その為、この馬車やシャレットと呼ばれる台車が大活躍。
これはブルキナとの大きな違いです。
DSCF3036.jpg


ちなみにブルキナにはそんなものないです。
こっちで言うシャレットとはロバが牽いている荷車のこと。

その違いにも驚いた。


さて気になるセネガル隊のお家ですが。
こんな感じ、どどーん。
DSCF2962.jpg

うーん、ブルキナ隊とそう大きな違いはないものの、やはり広い!そして家の中に水が通っている!これは大きな違いです。


リンゲールに結局のこのこ3泊もお世話になって、毎晩リンゲール隊の愉快な仲間たちによるビアン接待を受け、とても楽しかった。
リンゲール隊、私が行ったときは総勢5人。
毎晩私のおもてなしのためにみんなが集まってくれました。
とても楽しかったです!!!
夜暗すぎて写真がほとんど撮れていませんが、こんな感じで、毎日リンゲール隊が手作り料理でおもてなししてくれました!
本当にありがとうございました!!!
DSCF2965.jpg

リンゲール名物ラクダ肉も食べられて、大満足★


そうそう、せっかく同期の任地に行ったのですから、村にも連れて行ってもらいました。
DSCF2768.jpg
出迎えてくれる村人たち。


同期は村で改良かまどの普及をしています。

改良かまどってなにかって?
それはこれ。
DSCF2761.jpg

通常、村では三石かまどという、大き目の石を3つ置いて、その下に薪を敷くっていうやり方でごはんを作っている村人たちですが、三石かまどだと熱伝導が悪く、多くの薪を使わないといけないというデメリットがあります。

それを改良し、3方向を覆い、熱伝導を高め薪を経済化、家計にも環境にも優しいというのがこの新しいかまど。

同期は、以下の方法で作っています。

用意するものは4つ。
①粘土質の土
②砂
③脱穀の籾殻
④3等分したブロック塀

まず粘土質の土を臼と杵のようなもの(こちら西アフリカでは料理に欠かせないアイテムで、各家庭に必ずあります)で砕く。
DSCF2759.jpg
これです。

粘土質の土はこんな感じ。
DSCF2778.jpg

おばちゃんたちに混ざって、土砕き体験★
DSCF2796.jpg

これを可能な限り細かくなるまで頑張ってとんとんします。
これがね、重労働です。。。


その後、砂と混ぜる。

水を少しずつ入れながら、籾殻と混ぜていく。
DSCF2817.jpg



ちょうどいい柔らかさになったらやめて、丸める。
DSCF2830.jpg

DSCF2843.jpg


それを鍋の形に合わせ、三石かまどのように置いた周りの下の方から敷き詰めていき形成。
DSCF2850.jpg


形を整えたら出来上がり。
DSCF2863.jpg

正面から見た図。
DSCF2886.jpg


と、とっても簡単なやり方でした。

すぐできて、ずっと使える。


私も前々から任地でやりたいな~と思いつつできずにいる改良かまど作り。
今回の経験を経て、時間のある時に村でやってみようかなーと思いました。
本当に楽しかったです(*'ω'*)
何より、村人もものすごく喜んでくれるし。

今回、同期がウォロフ語ペラペラで村人と問題なく意思疎通できている姿に、とても励まされ、私ももっと現地語頑張らないと。
と、残り任期フランス語を頑張ろうかなと思っていましたが、少し気持ちが切り替わりました。

改めて、同期の任地まで来て、活動する姿を見られたことは本当に私にとって刺激になりました。
来てよかった。

機会があればもっと南部の方も見てみたい。
セネガル、とても魅力にあふれた場所でした!!!
ではまた~!!!
DSCF2786.jpg
スポンサーサイト

任国外旅行-セネガルへ(ダカール・サンルイ編)

みなさまぼんじゅーる!

かなり前の話になりますが、任国外旅行でアフリカの最西端、セネガルへ行ってきました。
いつの話かというと、6月6日~13日の話です笑w
えぇ、かれこれ2か月前の話w


えっセネガルがどこかって?
いやーそうですよね。みなさん、正直ブルキナファソの位置もどこか微妙ではないですか?
というか、アフリカの国の場所なんて、ここって見せてもらわないと絶対分からない。アフリカマニアでない限り笑
だって私ですら初めてブルキナファソって聞いたとき、ん?どこ?って思った張本人ですから。w

セネガルはここです。
アフリカ地図

アフリカの大きな地図の左端。
モーリタニアの下。
拡大するとこんな感じ。
セネガル地図

ハッキリ言って、最初に書いておくと、セネガルのこと正直に言えばなめていました。
同期の写真などを見ながら、どこか安心していた節もあった。笑

中南米の同期のFacebookの投稿を見ても、全然同じ協力隊員って思えなかったんです。
なぜこうも違うんだと。
置かれた環境が違いすぎて、ブルキナ隊のことがかわいそうに思えた時期もありました。w

そして、セネガル隊の写真を見ては、うん、仲間だ!と喜んでいたんです。

が、それは勘違いでした。


ダカールの都会ぶり。
それはさながらヨーロッパ。
涼しい気候、高層ビル、どこかコロニアルな雰囲気。

ブルキナのワガなんて、セネガル第二の都市ティエスにですら負けている。

SEA PLAZAというショッピングモールもあるし。
というかショッピングモールって何なんですかね笑
久しぶりにその単語を聞きましたよ。
ブルキナファソにはそんなもんないです。w


セネガルでは、以下のスケジュールで楽しんできました。

6月6日(土)ダカール泊
6月7日(日)サンルイ泊
6月8日(月)サンルイ泊
6月9日(火)リンゲール泊
6月10日(水)リンゲール泊
6月11日(木)リンゲール泊
6月12日(金)ダカール泊
6月13日(土)ブルキナ戻り

移動の様子はこんな感じ。
セネガル国内地図1

リンゲールというところ、首都ダカールからセットプラスという乗合タクシーで7~8時間ほど行った奥地にある隊員任地で、同期隊員が2人いた場所です。
この地図ではランゲールって書いてあるけど、リンゲールです。w

1人はそう、前回の日記に登場した彼女。
もう1人は同じ村落隊員で、森林局に配属し、植林キャンペーンや、村で改良かまどなどを作る活動をしていました。
今は任期を終え、世界一周の旅に出ていますw
今頃アメリカを横断していることであろう。。。

リンゲール滞在は後半のハイライトになりますので笑、また別途アップしますね。


ブルキナからAir Burkinaに乗り3時間ほど。
DSCF2483.jpg

DSCF2488.jpg
機内にTelmob(携帯会社)の広告があるのに爆笑。w

ちなみに機内ではブルキナで飲めるジュースが出てきてそれも笑えたw


さてさてブルキナを離陸したところまではよかったんです。

ほほーやはり上空から見たワガはこんなもんか~
やっぱり茶色いな~はははは
と思いながら離陸。

見えた景色はこんな感じ。
やはり茶色。笑
DSCF2497.jpg


そして3時間後に待っていたのは・・・・
DSCF2510.jpg


なにー?!?!?!?|д゚)

なんだこの大都会は?!?!?!?


おぉぉぉぉぉ・・・・・・声を失う。



そして、空港到着。
DSCF2516.jpg

飛行機を降りると・・・・

す、涼しい。

あれだけ暑かったブルキナは何だったの?!
と思う涼しさ。

空港も、ワガの空港に比べるとかなり大きい。
うーむ。完璧負けた。。もうどうしようもない。
まぁ最初から勝負なんてしようとも思ってなかったけど完敗でした。

そして宿に到着。いやー驚いた驚いた。
ここはアフリカじゃないとも思った。笑

ちなみに泊まった宿もかわいかったです(*'▽')
こんな感じの宿★
DSCF2534.jpg

バックパッカー向けの宿。おススメです。
当たり前かもしれないけど笑、お湯シャワーもちゃんと出るし、最高でした。
DSCF2525.jpg


さて、その翌日、ダカール隊の友人と合流し、ダカール観光。
アートな島ゴレ島、ローカルマルシェを散策。そして、夜はスペイン料理を堪能。

ゴレ島は、海がとてもきれいで、久しぶりに見た青い海に感動。
奴隷貿易の頃、ここに奴隷たちが捕えられ、ここからアメリカ大陸に旅立って行ったようです。
今はアートな島として、観光客を迎え入れてくれています。

DSCF2571.jpg

DSCF2578.jpg

DSCF2616.jpg

DSCF2667.jpg

海がめっちゃきれいで感動。


スペイン料理の写真撮り忘れましたけど、相当美味しかったです。
イカスミのパエリア、感動的なおいしさでした!!!
ブルキナにこんなおいしい食べ物、ないです!!!

ブルキナから来たわれわれはその一つ一つに驚き、ダカール隊の彼女たちとかなり格差があったような気がしました。。。
だってブルキナにはこんなおいしいレストランも、ショッピングモールも、何もないですから。
あるけど行かないのと、存在自体がないって言うのは全然意味が違います。


さてこんな大都会ダカールで驚いたことは、それだけではなくて、
①高速道路があること
②ゴミ収集車がごみを収集していること
③高層ビルがあること
④タクシーがきれいなこと、タクシーが7人乗りではないこと笑

・・・こんなもんでしょうか??笑

とにもかくにも、首都ワガドゥグとえらい違いすぎて驚きました。


さて、その翌日、世界遺産の街サンルイへ移動。

サンルイまではセットプラスという乗合タクシーで。
DSCF2697.jpg

ガラージュピキンという大きなバスターミナルのような場所から発着しています。
DSCF2685.jpg
値段忘れたけど確か5,000FCFAくらいだったかな?


道中、内陸部に差し掛かるとむわっとやってくるあっつい風。
これよこれ、と思いながらも、サンルイに近づくとまた涼しくなってきます。
やはり海沿いは涼しいらしい。

道中、カゴを売っているポイントもありました。
後ろに置いてある巨大なカゴを持って帰りたかったんですが・・・
どうやって持って帰るんだ?!って思って結局泣く泣くあきらめる。
小さ目のカゴでも1000FCFA≒200円くらいと安い。
DSCF2701.jpg


ダカールを出てから大体5時間くらいでしょうか。
サンルイに到着しました。
船がたくさんあって、シーフードもたくさん★
DSCF2708.jpg


海沿いのコロニアルな雰囲気。
DSCF2715.jpg

オシャレなものがたくさん売っていて、セネガルを全く感じない。
こんな場所にも隊員がいるらしので驚きました。
いやーブルキナとますます格差を感じる。

それにしても、地図もなく新しく来た街を歩くのって本当に大変ですね笑
自分がどこにいるのか全然分からない!

これまでたいていどこに行くにも地図を持っていたなぁと、今回の旅の無計画さにここにきて気付くって言う笑


そんなこんな地図なしでふらふらしていましたが、ここサンルイで同期隊員と合流!
DSCF2730.jpg

約2年ぶりの再会、楽しかったです★
あんまり2年ぶりって感じでもなかったけど笑

ここからは完全に彼らにおんぶにだっこ笑

サンルイに来たのは、彼らと合流する目的とフランス語のDELFという資格試験を受験するという二つの目的でした。

今回私が受けたのは、B1というレベル。
仏語圏に2年もいて仏語で活動してるんならB2位合格しろよって言う話だと思いますが・・・
初めてのDELF、勉強も十分でなかったので今回はB1にしておきました。。
B1で大体仏検2級くらいのレベルらしいです。

という訳で、セネガル旅行後篇に続きます。

任国外旅行―モロッコ編

アッサラームアライクム!


みなさまお久しぶりです!お元気ですか?

前回事故をしたという日記を書いてから2週間…ご心配をおかけして申し訳ありません。
私は元気です!!


事故後の経過もよく、傷もかなりよくなってきました。

と思った矢先の昨日、運悪くワガの道路脇の側溝に落ちるというアホさ。。汗。。

足を打撲しなぜかバイクで転んだ時よりもものすごい腫れ・・・
まだまだ少し痛みますが、何とか無事です。

事故後の経過観察および、新たな怪我もあるということで笑、今はまだ首都ワガドゥグで療養中。

今日の午後、約3週間ぶりに任地に戻ります。家の鶏たちのことが心配です;;


さて話を本題に戻すと、4月13日から27日まで15日間、モロッコに行ってきました。

実はモロッコには以前一人で旅行したことがあり、今回は2回目。
たいしたことは書いていませんが笑、前回の旅日記も綴っているのでご参考までにこちら


2回目のモロッコですが、前回とは見える世界が変わっていたことが一番の驚きでした。

協力隊に来る前にモロッコに来ておいてよかったなぁ。


小さなことでいちいち感動できました(笑)


例えば・・・

暑くない!むしろ寒いという単語を使える!

砂ぼこりが全然ない!空気が美味しいかつオシャレに感じる!(笑)
bab.jpg

何を食べても美味しく感じる!実際おいしい!
jus dorange

動物の大きさや種類の違いに驚く!!
猫がいる!牛にこぶがない(心なしかかわいく思える)!豚が全然いない!羊とヤギの違いが明白!!
mouton.jpg

an.jpg


地方でもかなり都会に見える!!!
(車窓から見える風景にかなり驚きました)

小物がかわいい!!!!
panier.jpg

ゴミがあんまり落ちてない!!!!

未舗装路がない!!!!

見える景色が茶色くない!!!緑色に見える!!!
(前に来た時は茶色に感じた笑)

バスがかなりキレイ!!!!

CTM.jpg


・・・あ~楽しかった。

その他、カサブランカでは前回行けなかったハッサン2世モスクも見れて、
hassan2.jpg

念願のスタバにも行けた(=゚ω゚)ノ!!!!!!!
(かなり嬉しい!!!!)
starbucks.jpg



さてさて、ブルキナに帰ってきて落ち込んだこと。


果物がマンゴーしかない。→モロッコはオレンジ・メロン・りんご・いちご・枇杷・桃などたくさん…

やっぱり大量の砂ぼこり、見える世界はもちろん茶色。

食欲がない。→ブルキナのご飯を今食べる気が全く起きない。。。



・・・などなど若干テンション下がり気味ですが(笑)

気持ちを持ち直して頑張ろうと思う今日この頃です!

ではまた~^^

モロッコのモザイク。
タイルが本当にかわいかった!
mozaik.jpg

ガボンよりお客さまを迎える

みなさまこんにちは!(^^)!

またお久しぶりの投稿となってしまいました。


こちらは連日猛暑・・・
というか、これがこの時期の普通なんでしょう(笑)
毎日一番暑い時間帯は45℃以上あるんじゃないかと・・・
ただ、湿気が全然ないので日陰にいると思ったより涼しい。
そんなこんなでついに始まってしまった、この暑期。
暑すぎてもはや何もする気になれない・・・

村に行っても村人たちは寝てるだけ・・・汗

まぁその気持ちも分からなくない、だって暑いんだもん。本気で。

さてさてブログの更新が滞っていた間に何をしていたかと言うと
おとなしく任地で活動に励んでおりました(笑)

任地からだとやはりネットが安定せず、ブログを写真付きで
更新するのにものすごい時間がかかります。
下手するとアップした写真が全くアップロードされず、
数日かかることもあって、精神衛生上よくないので
最近書きたいことがたくさんあったんですけどずっと我慢してました(笑)

ですがやっぱり書かないと、と言う気がわいてきて(笑)
ようやく更新します。

明日からワガドゥグ近郊のマリ難民キャンプで他の隊員との活動の為
ワガに上京予定で、その後観光もして帰る予定です。
なので、ここ数日に書き溜めた記事を更新しようと思います。


さて、中央アフリカガボンより同期が任国外旅行で
ブルキナに遊びに来てくれました!
3月16日~18日の2泊3日で、私の任地にも来てくれました♪


これで任地にブルキナ国外からお客さまを招くのも5回目(^O^)/

ブルキナ隊も今のところ同期2名を含め4人お迎えしています!


さてこちらで何をしたかと言うと・・・

①活動先(農業省の事務所)に挨拶
②マルシェ散策
③トーを作る
④同僚の家でご飯を食べる
⑤村に行く
⑥小学校訪問
⑦服を仕立てる

というフルコースでおもてなしをしました!

ほぼすべてブルキナ食の3日間、彼女たちがお腹を壊さなかったかが心配です。

最近、私はブルキナのごはんの中でトーが一番美味しいと思っているのですが
やはり初めて食べる人にとってトーは微妙なようですね(笑)(笑)
同期は「でんぷんの固形のりを食べてるみたい」との評価でしたが
案外的を射ていると私は思いました(笑)

トーにいれるソースをみんなで作る図。
keiko et saki2


最近仲良くしている学校の校長先生に友達が来たので学校訪問したい
と伝えると「y a pas de probleme!(問題ないよ)」と快諾してくれて
そのおかげでこんな感じで、学校の子どもたちとも交流できたのは
とてもよかったと思います。
keiko et saki3


彼女たち以外にも最近数名他国から隊員が任国外旅行でブルキナを
訪れていたのですが、みな口々に

「ブルキナべは本当にやさしい!人がとってもいいね!!」

ということで、何もない国ではありますが、人の温かさがぴか一。
まぁ毎日一緒にいると時に嫌になることもあるのですが(笑)


それでも、私自身も任地で毎日ブルキナべに

「ともこ!今日も元気か?家族は?この前来た友達はちゃんと帰れたのか?」

と私と、私の周りの人のことを気遣ってくれるそのやさしさに
辛いことがあってもとても元気をもらえます。


恒例の自宅の前での記念撮影♪
keiko et saki


そうそう、前回投稿した水サッシェでカゴ作り講習会には彼女たちも参加してくれました。
sachet deau

ということで、同期も楽しんでくれたなら私も嬉しいです。
残る任期は1年3ヶ月。

皆さんのお越しをブルキナファソでお待ちしています(・∀・)

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。