ともこのもと。

Category : 国内旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同期と初の国内旅行 à Bobo-Dioulasso

みなさまこんばんは。

今回は、雷雨で停電中のボボ=ディウラッソよりお届けしております(笑)

マリ難民キャンプでの活動を金曜日に終え、今同期と国内旅行に来ております。

今回は西の大都市、ボボ=ディウラッソ(通称ボボ)で開催中のSNCという芸術祭を見るためにはるばるワガから400キロも離れたこの地に進出。

さてこのSNC、ボボってこんなに人がいるの?!と言いたくなるくらいの人の数に驚きました!
bobo2.jpg
写真は看板の前で。
この写真だとあまり人の多さが伝わりませんが(-_-;)。。。
とにかくものすごい人でした!

わたあめを発見したてかなり喜び、美味しいものをたくさん食べて、久しぶりにこんなに食べたー!と言うくらいのご飯を食べて大満足。
そして、この芸術祭。
モーリタニアから女性たちが布を売りに来ており、その布に我らは一目ぼれ。
もちろん即刻購入(笑)
それ以来どうも私はモーリタニアに取りつかれてしまったらしく、モーリタニアのことが頭から離れない。
ということで、任期終了後すぐにでもモーリタニアに旅立ちたい気持ちで今はいっぱいです(笑)

さて余談ですが、写真を見てお気づきの方も多々いるのではないかと思うのですが・・・('◇')ゞ
どうも最近お腹まわりが太ってきた気がして、明日からダイエットします(-_-;)
日本にいたころの体重に戻さないと。。。
と言いつつ、来月(というかもはや2週間後に迫ってますが)任国外旅行でモロッコに行く予定で、そこでまた暴飲暴食しそうなのでおそろしい。

さて、本当はボボから約2時間離れたバンフォラという滝とカバの有名地に行く予定だったんですが、諸事情あって結局行けず。。。涙。
その代わりにボボ近辺の村や隠れた遺跡を見て回りました。
バンフォラは見どころが満載で、とてもいいところらしいので次回の楽しみに取っておこうと思います。

bobo.jpg
カメの壁画と私。
この壁画、ボボ近郊にある奇石群なのですが、ガイドブックにも載っていない隠れた名所?(笑)
仲良くしている隊員がこれを発見したようで、連れて行ってもらいました!

今回はボボにいる知り合いにたくさんお世話になって、自分たちでほとんど何もしていない(笑)
時に予定通りに行かないこともたくさんありましたが、ブルキナべの温かさにまたしても助けられ、とても楽しい旅になりました。

最初は女二人旅の予定でしたが、24-4(25-1の3ヶ月前に赴任しているほぼ同期)で仲良くしている稲作隊員も途中から合流して、それもよかった♪
koro.jpg
写真はコロというボボから少し離れた小高い丘の頂上にある村にて。

PB179503.jpg

bobo3.jpg
これはボボにあるジュラソバという一番大きなモスク。

とにかく楽しい2泊3日の旅でした(*'▽')

ということで、明日任地に帰ります。
マリ難民キャンプでの活動記録はまた次回★

先週火曜日に4次隊がこちらに到着し、ブルキナ隊がまたにぎやかになった今日この頃です!
スポンサーサイト

ブルキナ国内旅行―南へ

年末の両親来訪編に引き続き、年始に行ったブルキナ南旅について少し書きます!

31日の夜にフランス経由で日本に帰る両親を見送り、私は首都ワガドゥグで年越し!!
年越しそばも、紅白歌合戦もなにもない年越し。
テレビを見ると、ブルキナべが歌って踊っていました(笑)

Zoghoに戻ってからというものほぼ毎日、ワガのフェットはどうだった?と聞かれますが、花火が上がったり、爆音が鳴り響いたり、中心地は本当に盛り上がっていました。


が、明けた翌日1月1日。
そこはもはや祭りの後の静けさとでも言いましょうか(笑)

どの店も全部閉まっている!!!!!|д゚)


夜ご飯に美味しいものでも食べようかと、いろんなレストランに電話をかけるものの全て通じない!!!!(笑)

1月1日は本当にすべてのお店が閉まっているようです。。。

ちなみに、国内旅行も本当は1日から行くはずだったのですが、なんと南行きのバスが1日は動いていないとのことで、仕方なく2日の朝一で行くことになりました。

唯一あいていたのはアイスクリームが食べられるLes festivals de la glaceというカフェ。

10月のお祭りタバスキの時も、日本から友達が来たから家の近くのマキでご飯を食べようとしたのですが、そういえばどこも全部閉まっていて何も食べるものがなかったな~と懐かしくなりました。
ついでにその時も公共の交通機関が一切動いておらず、唯一夜のバスだけが動いていたので、以上の経験則からブルキナの祝日に移動しない方がよさそうだなと思いました。


さて、2日の朝一のRakietaに乗り込み、いざ出発。
ブルキナのバスって案外立派なもんだと思いませんか?
rakieta.jpg
車内もなかなか快適です。

このバスに揺られること3時間。南の町Pôへ到着。
ここまでの料金は2500FCFA≒500円。

更に南に約30キロ行くと、隣国ガーナとの国境です。
我々協力隊はここより南には今の時点では渡航不可です。。。


という訳で、ポーの町をウロウロしつつ、ここの近くにあるゾウのいるエリアに出かけたりしました。
初めて野生のゾウを見れたことが感動!
ゾウ
ついでにワニも。
わに


ポーの印象は、恐らく国境から一番近い大きい町ということで、やはり人や物の流れがあるなぁというもの。
スーパーマルシェって書いてある店があったことに驚き(=゚ω゚)ノ
po.jpg
中身はスーパーじゃなくて普通の商店なんですが(笑)

それに加え、ブルキナべも外国人に慣れている。
旅行者が多いのでしょう。

ホテルもいくつかあって選べるし、それなりの居心地です。
食事を食べられるレストランも多いし、やはり国境が近いのだなーと感じさせられました。


そうそう、少しポーの町から離れると、そこは一面綿花畑。
cotton3.jpg

綿花って西で栽培されているのかと思っていたので、南にもあるんだー!と、意外でした!

大きなバオバブも見れて、パワーをもらえました。
baobabu et moi


これで一応ブルキナの東西南北を全て制覇したわけですが、やはりその土地その土地で見える風景が全然違うなぁと思いました。

今年もいろんな場所を訪れて刺激をもらいたいです(*^^*)

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。