ともこのもと。

Category : 活動のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルキナファソクーデターその後

みなさまぼんじゅーる!!!

ブログを長いこと更新できないでおりました。。。
ご存知のことか思いますが、ちょうど1か月前のことなのですが、ワガドゥグで前ブレーズコンパオレ大統領のための大統領警護隊(以下、RSP)が、現大統領ミシェルカファンド、および首相であるイサックジダらを捕えて立てこもり、政権を奪還するというクーデターが起こりました。

これを受け、翌9月17日以降、JICAの安全レベルがフェーズ4へと引き上げられ、全隊員がワガドゥグに集められるという事態に。
国外退避の一歩手前、というか国外退避が一時的に決まり、日本に帰る飛行機も具体的に決まったのですが、空港が封鎖されたりなんだりしている間に、この騒動も落ち着き結局退避解除という結末に。笑
約3週間の首都生活を経て、任地に戻ってきました。


この辛かった3週間の生活を記録に残そうとある程度書き残したのですが、なんだか最後まで書ききれない!
という訳で、先に近況を書いてしまおうという結論にw
クーデターから見る、ブルキナファソの社会情勢については次回ゆっくり書きます。
途中まで書いてますがかなり真面目な?というか読んでて楽しいの?これ??と思ったらなかなか筆が進まなくなってしまったんですよね。笑
しかし、ブルキナの現状は、現代アフリカによくある問題の象徴である気がするので、後日ちゃんと綴っておこうと思います。


さてさて、紆余曲折を経て、本来であれば10月11日に実施予定であった大統領選は、11月29日実施が濃厚になってきました。


任地に戻ってくるとやはり普通の日常生活。
特に危険なことはありませんが、昨年同様、ガスがワガから運ばれなくなっているから常に欠品状態、卵もつい先日までないなど、若干不便な今日この頃。

3週間家を空けましたが、出発前に掃除していたこともあり、生活を立て直すのもそこまで苦ではありませんでした。よかった~笑

10月1日から開始予定であった小学校は、10月8日から開始しました。
まだ始まって1週間ということで、学校はバタバタ。

活動はぼちぼちというか今急ピッチで進めています。
11月が本番ですね。超忙しくなりそう。

これまではちょこちょこワガに上がっておりましたが、残り任期2ヶ月半ということで、今回もう帰国前の最終上京までワガに上がらない覚悟で任地に戻りました。

年始1月5日にブルキナを出るため、年末年始は恐らくワガで過ごすことになりそうです。
任地を離れるのは12月20日くらいでしょうか。いやー本当に任地で過ごす日のことを考えるとあとちょうど2ヶ月です。
わー本当に残り少ない!
どれだけやり切ったとしても必ず後悔は残ると思うのですが、それでも可能な限り少なくしたい。

こうして考えてみると、2年半というのは長いようで本当にあっという間。

でも日本の友達を取り巻く状況がこの2年半で大きく変化(結婚、妊娠、出産など)していることを見ると、やはり2年半私は日本を離れていたんだなぁなんて実感せざるを得ないというか。
婚期は逃したのかもしれないけど笑、来て本当に良かった。
かけがえのないものがたくさんできた。

見た目も中身もすっかりブルキナナイズされてしまって、この日本人ブルキナべは帰国後日本社会でやっていけるのかが本当に心配です。

が、心配しても仕方ない!ので、あと2ヶ月半、駆け抜けたいと思います!
私は元気です★
スポンサーサイト

健康貯金

みなさまぼんじゅーる!

お元気ですか?

私はあまり元気ではありません。w
というのも、現在病気?で首都におります。
まぁ病気と言っても、大した病気じゃなくて足の付け根?お尻?付近に細菌が入り感染したらしく、それがどんどん大きくなって痛くなってしまったんです。

痛みを伴いだすと、部位が部位だけに、次第に歩行困難になり、元気だけど動けない!っていう状態になりました。
さすがに写真をお見せするわけにもいきませんが汗
こんなできものできたことないー!という位に大きな腫物ができました。。。
さらに悪化すると発熱したり、腫物を手術で切開して取り出す必要があるらしいです。あぁぁぁ恐ろし。
実はこの腫物は病院を受診する数日前からできていたのですが、見て見ぬフリ笑?というかそのうち治るでしょ!くらいに甘く考えていました。

が!さすがブルキナですね;。;
そうは問屋が卸さない。
どんどん腫れてさすがに歩くと痛いってなった時に、これはこのままでは治らないかも。。
と思い、抗生物質を飲んだ方がいいと病院関係者ではないですが、思いました。
それを健康管理員に相談したところ、病院を受診する流れになり、その日のうちに上京し、受診。

病院に行ったところ、どうやら疲れがたまっていたり、抵抗力が弱まったりすると誰でもかかる症状らしく、深刻ではなかったので一安心。
一人任地にいた時は、ネットであれやこれや検索しては不安になっていました笑

そして、先生に以下の薬を処方され、今はかなり快方に向かっています。

①抗生物質
②抗菌剤
③痛み止め
④軟膏

の4種類もの薬を処方され、17,700FCFA≒まぁ大体4,000円弱かかりました。
これらのお金はJICAの共済会という仕組みで全額カバーしてくれるのですが、ひとまずは自己負担で後ほど返済される仕組みです。
病院に行くたびにお金が飛んでいく。。。(まぁいずれ戻ってきますが。。。)


アフリカにいると変な病気にたくさんかかるんだなぁと実感。
来た直後からたくさんいろんな病気にかかって、もう本当に病弱です、自分で言うのもなんですが。
それにしても健康貯金という言葉を隊員間でよく使いますが、3年目は健康貯金を本当に使い果たしているんだな~と。
派遣前訓練中、駒ヶ根訓練所でたらふくおいしいものを食べさせられるのにも訳があるのですね。こうして健康貯金を蓄えていたのだなぁと実感しました。
そして、その健康貯金は任国で確実にすり減らしていきます。笑
特にアフリカ。。

協力隊でアフリカに行きたいなーって思ってる方。
どうやらアフリカに派遣されるためには、超健康優良児でないと派遣されないらしいので、どうか健康に気をつけてww
私もあと4ヶ月とちょっと。
健康で無事に帰国したいと思います★

UNICEF×JOCV【衛生啓発豆知識:手洗い編】

みなさまこんばんは!

日本はゴールデンウィーク最終日でしたね。
こちらはゴールデンウィークなんて当然ないですよ?笑
えぇ、なのでずっと活動していました。。


さて今日は、そんな活動の話。
珍しくリアルタイムで更新しようと思います笑


本日、私の活動校の1つであるAmitiéAとAmitiéBという2校にて、UNICEF主導による手洗いキットの引渡記念式典なるものが開催されました。
DSCF1780.jpg

現在、私はUNICEFと協働で学校衛生クラブや学校での衛生啓発活動を進めています。
まず、今回このようになるに至った経緯を少し・・・


2月にあったJOCV15周年記念式典。
少し前のブログに書いたかと思いますが。

その際、最近UNICEFブルキナ事務所に配属になった国際職員日本人(元ガーナ隊OG)とこちらのボランティア調整員が知り合い、ブルキナファソの隊員とコラボで活動を進めてはいかがか?なんて案が持ち上がったのは3ヶ月前のこと。

3月に意見交換の場を首都ワガドゥグにて2度ほどもち、小学校にて協働でどのような活動の可能性があるのかということを検討してきました。

そこで、今回UNICEFが実施している2500個の手洗いキット配布プロジェクトに便乗し、隊員の活動している学校にもそのいくつかを回してもらえることになったのです。

私の活動校では、結局小学校4校と幼稚園1校、計21個の手洗いキットをもらえることになりました。
DSCF1757.jpg
手洗いキットはこちら。

これまで恥ずかしながらほとんど知らなかったのですが、UNICEFブルキナ事務所の教育セクターでは、【ami de l'école 子どもに優しい学校づくり】という理念の元、学校の環境整備(井戸、水タンク、トイレの建設、手洗いキットや机イスなどの提供等々)、学校のクラブ活動推進(学校菜園、衛生クラブ、スポーツ等々)を積極的に行っています。

要は、子どもが学びやすいように、学校の中をハード面からソフト面まで充実させていこうというのが彼らのねらいです。

特に、彼らはこれらの活動をブルキナの中でもパイロット県としてナメンテンガ県と私の任地ガンズルグ県の2県を中心にこれまで進めており、今後は北の方であるサヘル地域も対象に含め、幅広い活動を展開していく予定であるそうです。

特に、ガンズルグ県はこれまで一番支援を実施してきた県であるようで、どうりで私の行く学校学校にUNICEFのポスターやら貼ってあったわけですね、と意見交換を経て納得。



しかも、私も活動をしている学校が彼らのパイロット校であったことも分かり、今回手洗いキットの引渡記念式典を私の活動校にて実施することになりました。

それが今日だったわけです!

開催予定の学校では、前日から子どもたちがいそいそと準備を進めている姿が印象的でした。
DSCF1763.jpg

今日はいつになくみんなおしゃれをしてきてこの様子。
DSCF1776.jpg

DSCF1777.jpg


プログラム内容は、国歌斉唱、ブルキナファソの伝統的なダンス披露、子どもによる詩の朗読、また、県知事と教育省の偉い人(誰だったか忘れた・・・笑)UNICEF事務所長、COGES代表者の挨拶を経て、手洗いキットの引渡、手洗いのデモンストレーション・・・
大体2時間くらいかけてこんな感じの内容でした。

DSCF1782.jpg

DSCF1793.jpg

DSCF1797.jpg

しかもUNICEFだけではなく、JICAはもちろんのこと、更にはたくさんの報道も取材に来てくれて、、新聞やネットニュース、ラジオ、テレビも。

こんなにプレスの人が来てくれる機会もそうそうないだろうなと。
現在JICAの所長が一時帰国のため参加できませんでしたが、所長がいれば所長も来てくれるレベルのことだったようで。

UNICEF事務所長のあいさつでは、JICAと隊員活動のアピールを大々的にやってもらって、私の活動もたくさん紹介してもらいました。
本当に恐れ多いです。。。
でも、ものすごいアピールになりました。
UNICEFの力ってすごい。

式典後は学校の先生たちからものすごく感謝され、、いやー私の力だけではないが、私が活動してなかったら今回ここでこの記念式典は行われなかったであろうというのも事実なわけで。。。何とも言えない複雑な気持ち笑



午前中に式典を終え、午後は学校のプログラムとして衛生啓発を定期的に実施してきている別の活動校で、手洗いキットを使ったエボラ出血熱予防の啓発。


これが大変でした。
午前の式典から引き続き、いくつかのプレスが残って取材したいということで・・・

1週間前から先生と啓発計画を練り、何度も練習し。
子どもにエボラ出血熱がどのように感染するか、フランス語で理解させることの難しさよ・・・

UNICEFがエボラ対策のポスターを作って大量配布しているのですが、それを使って啓発しろとのお達しもあり、それがこちら。
20150506_073347.jpg

①エボラってどんな病気?感染するものは避けよう
②手を洗ってエボラを防ごう
③エボラの症状の人がいたらどうする?

という3段階から構成されるのですが。
うーん、ちょっと分かりにくいんです。
特に、①の感染ルート。ここが分かりづらい。

いつも、もっと分かりやすい絵を使って啓発しているもので、子どもの反応が違いすぎて笑えた。
いつもやってる絵を使った啓発の様子。
DSCF1728.jpg

今日の朝も、朝一で学校へ行き、もう一度おさらいをして、うまく答えられるようにするということもしました笑。
目的が違うんですが。

ポスターを使って先生が教えている様子。
DSCF1718.jpg

まぁそんなこんな、軽い演劇も交えた授業を実施。

みんなうまい具合にやってくれた!と思います。
子どもたちに拍手!!

しかし、

啓発が始まった最初の先生の発問 : 「みんな、どんな病気を知ってる?」

に対して、「エボラ!!!」が最初に来た時は笑ってしまいましたが。。。
もっと他にもあるだろう!明らか予習してるのがバレるやん!ってw
突っ込みたくなりましたけどね。

プレスの人たちには正直、何度か練習した感じはお見せすることになってしまいましたが笑、まぁいいでしょう。



実は、この話が持ち上がった時からいろいろ心配だったのですが、来てもらってよかった!と今は心から思っています。


ブログに書こうと思ってずっと書きそびれていましたが、10月にブルキナファソの水の防衛隊で手洗い啓発である、『手洗いキャラバン』なるものを企画実施したのです。

その時やった手洗いの啓発も活きていることが今回の啓発を通じて分かりました。
手洗い啓発パネル

手洗いキャラバンでは、このような手洗いのパネルを使って、アクティビティを混ぜつつ正しい手洗いの手順を伝えました。

①手を濡らす
②石鹸をつける
③手の平を洗う
④手の甲を洗う
⑤指の間を洗う
⑥爪の間を洗う
⑦手首も忘れずに
⑧最後はきれいな水で流して終わり!

という8段階です。

そして、Tシャツも作りました笑
私はその時に作ったTシャツを着て、毎回啓発活動に行っています。

このパネルを今回、エボラ啓発の②手を洗おう!という段階の部分で使用しました。


エボラ+手洗いの啓発を経て分かったことは、子どもはこの手順をきちんと覚えて、親や兄弟に共有できるように一人ひとりにパネルのコピーを配布したのですが、それをちゃんと家でやっているということ。

活動が積み上がってきてるのだなぁということを実感できたことが嬉しかった。


一つひとつの活動が結びついているかどうかを計ることは案外難しいのですが、こうして点と点が実は結ばれていて、有機的に動いているのだということを実感できるのは活動の醍醐味だなぁと。


ひとえに本来であれば活動の終盤であることからこういう風に思うのかもしれませんが、まだまだ時間もあるので、ここから再スタートを切ったつもりで、また前進していこうと気持ちを切り替えるいいきっかけになりました。


ちょうど帰国まであと8ヶ月!

UNICEFとの協働から活動の幅も広がった今日この頃。

今後も楽しみながら任地の衛生状態の改善に尽力しようと思います。

なるべくブログも更新していきますー
ではまた★


以下、もしも候補生のみなさまで読んでる方がいれば・・・

※任国で衛生啓発に携わる予定の候補生のみなさま(KTC:仏語圏):この手洗い手順のパネルはKTCの図書館に所蔵されています。私は自分のアトリエの際にこれを使って手洗いの啓発実践をしました^^
案外このパネルは任国に行ってからも使えるので、1回KTCにいる間にこれを使った啓発計画を立てておくととても便利です。
私はこれまで衛生啓発をしたことは一回もなくて、何から活動をはじめればいいのか全然分からなかったのですが、KTCのアトリエでこのパネルを使って啓発したことで、こちらでもそれを活かした活動ができています。
皆さんも是非是非やってみてください。

P5311702.jpg

参考までに、私のアトリエの様子
パネルは私が持ってるので、写真に写ってないけど笑

任期延長のお知らせ

みなさまこんにちは。

今日は重大なお知らせを!

そうです。
ちらちらFacebookやらで延長するかも発言をしてきましたが。

タイトルにある通り、この度協力隊の任期を
延長することになりました。

任期延長は半年ほどの予定で、7月2日帰国予定でしたが
2016年1月7日に帰国することになりました。

25年度3次隊の後輩隊員と一緒に帰国予定です。


延長するに至った理由はいろいろありますが、
簡単に書くと

①2014年10月の政変を機にブルキナの渡航安全情報が引き上げ、
27年度1次隊で来る予定だった後任が来れなくなった
→任国振替になり、現在再募集中

②2014年10月の政変で水利用者組合に関する活動が停止した

③小学校での活動の反省会→次年度への継続については
学校のバカンス中(8月9月)に実施して、新年度に
繋げるのが一番良い(教員たちにとって負担がない)

この3点の理由から、半年ほど延長して後任が来るまでの間の
橋渡し役を担えればということで・・・
わたくし、もう少しの間ブルキナにいることにしました。

まぁこの延長の手続き、2月頃には始まっていて、
なんやかんやで約2ヶ月の大掛かりな手続きとなりました笑

先日事務所で1時間にわたる延長審査なるものを
してきました・・・延長計画書+計画表+プレゼン
疲れました。
発表と質疑応答含め1時間もあったので、参加者の
皆さんの方こそ疲れたんじゃないかと思いますが。

無事に決まってよかったです。


世界中にいる25年度1次隊のみんなと一緒に帰国できないのは
本当に本当に淋しいことですが、ここブルキナファソで
もう少しだけ頑張ろうと思います。

延長するからにはフランス語もうちょっと習得して帰るぞ。

ということで、先に帰国する同期の皆さん。
日本にいるみなさま。

是非ブルキナに遊びに来てね!
banfora.jpg
ブルキナで待ってまーす★

残りブルキナ生活、8ヶ月半です笑。

ぼなねー★

もはや、新年あけましておめでとうございますとかいう挨拶も遅すぎる疑惑の今日この頃・・・
気付けば1月はとっくに通り過ぎて、2月。

DSC07543.jpg

任地のバラージュもいい感じに干上がってきました笑

ブログの更新が滞りすぎているのはもはや周知の事実。
帰国まであと5ヶ月切っているという今日この頃、あと何本投稿できるのやら。。。


みなさまいかがお過ごしでしょうか。

最近はフランスでのシャルリ・エブドやら、シリアでのイスラム国による邦人誘拐事件やら。

物騒な報道が多く、もしかするとこちらのことを心配されている方もいるかもしれませんが、ブルキナは本当に国民の6割イスラム教徒なの?って聞きたくなるくらい平和です。

あまり多くを語ることはできませんが、
一日も早くみなさんの状況が落ち着くよう願っています。


そして、私も元気です!

1月中旬に卵かけご飯を食べてお腹を壊したくらいです(笑)

実は、フランスのテロが起こった日、私は任国外旅行でフランスにいました!

フランスのことも、ブログに書きたいことはたくさん。
とりあえず、ご飯がおいしくて、オシャレで、、、、、感動しました。
また近々書きます!

さて、世界HOTアングルというJICAのページに、先日活動紹介の記事が載りました。
もしよろしければ、ご覧下さい。
私の活動が、少し分かるかもしれないです。
※世界HOTアングルという文字をクリックしてもらえば、リンク先に飛べるようになってます。


そう言えば、活動で少し嬉しいことがありました。

去年井戸を建ててほしいとお願いされていた、とある村。

その地区には井戸がなく、住民は水を得るために、何キロも離れた別の地区まで水を汲みにいかないといけない。
しかもそこに行く途中には、アリ地獄のように砂で埋まってしまう川のようになっている部分を通り過ぎる必要があり、そこを自転車で通りに抜けるのも一苦労。
雨季に雨が降れば、川となる。

新しい井戸を地区の中に建ててほしい。
そうしないと、あの地区の人間たちが今、井戸が満足に使えないという理由で、水使用の料金を支払わなくなってきていて困っているんだ。

と、組合の幹部から相談されました。

そんなことをお願いされたって私は1人のボランティアだし、難しいなぁと、
とりあえず市役所に状況を伝えることに。

この村のここの地区が井戸がなくて困っている。
そのせいで、水利用者組合の料金徴収もうまくいってない。
とりあえず、現状を一回見てほしい。

そうすると案外とんとん拍子に話が進み、10月に井戸が建ったらしい。w

その井戸を最近見に行きました。
DSC07622.jpg
すると、確かに井戸がなかったあの場所に井戸がある。
みんなに「ありがとう、ありがとう」といわれて、
井戸のお礼ですと、ニワトリまでもらった(笑)

私のおかげなのか?だったけど、住民にものすごく感謝されて、わずかながら力になれたんだなと実感。



ちょっとした活動の小話はこれくらいにして。


その他最近の活動は、小学校での活動がメインで学校の先生と啓発活動を実施しています。

というのも、自分の活動目標として大きく二つに分かれているのですが。
一つ目は井戸を管理する水利用者組合の運営サポート
二つ目は村と小学校での衛生啓発

水利用者組合は、市役所がその権限を持っており、私の配属先はあくまでそのサポートをするという立場。

10月末の政変でブルキナの全市長が解任され、現在市役所が全く機能しなくなっています。

5月に実施した任地の全水利用者組合の巡回、そこから見えてきた問題点解決のための再巡回および組合員の再投票等々の活動を11月から始める予定でした。
しかし、今回の政変の影響で、1月末現在もまだ始まる見通しが立っていません。。。

私が配属していた水利省も、今回の政変で農業水利省へと戻り、自分の身分ですらはっきりしない状態・・・

ちなみに、もともと農業水利省だったのが、2013年1月に分離し、今回また戻ったという経緯があり、何が何だかもー・・・
国の体制にものすごく左右されている状況です。

という訳で、今年中か来年にも決まるであろう新政権が樹立するまで落ち着かないんだろうと決めて、残り任期は水利用者組合の活動はそこそこに、衛生啓発に力を入れて活動を展開中。

なんにも進んでいない水利用者組合の仕事に比べ、衛生啓発は順調そのもの。

啓発モデル校2校を中心に活動を進め、その活動内容を教育委員会に報告、取組を次年度以降他の学校へと拡大していくことが狙いです。
RIMG0995.jpg


最近は幼稚園でも活動を始めました。

幼稚園の先生たちがやる気いっぱいで、衛生啓発の手法を教えてほしい!!ということで、先日は手洗いの啓発を一緒にやってきました。
RIMG1123.jpg
ブルキナべに写真をお願いするとこんなことになるんですよね笑・・・

今後は、彼らと共に、月に2回ほどのペースで実施することに!
これで幼稚園の先生たちも、啓発を続けて行ってくれそうです。

活動場所がどんどん増えて嬉しい限りです。

また、2年目は1年目の下地作りの上に重ねる活動だからなのか、やる気のある人がたくさん周りに集まってきてくれている気がします。
何を始めるにしても、いろんなところから縁が広がって、繋がってうまく動き出す。
そんな印象。

なぜ私がここにいるのか、分かってくれている人が増えてきたということなんでしょうか。
なんにせよ、いいことです。
今まで以上に活動が楽しい。

それから、衛生啓発の一環で、今任地にゴミ箱を設置する企画も進んできています。
こんなゴミ箱を小学校、バス停、中心部の商店に置く予定です。
ゾルゴ_ゴミ箱①表面(ドラム缶)
これを置いて、JICAとJOCVを任地でもっともっと広めていきたいです。

ということで、2015年はJOCV50周年と、ブルキナのJOCV15周年ということで、記念すべき年!

今年も精一杯頑張ります★
犬も大分大きくなってきました!
DSC07648.jpg

ともこー!と追いかけてくる子どもにマスクを付けてみたらこんなことに笑
毎日こんなことばっかりやってます^^
DSC07890.jpg


2月はもっとブログを更新できるように頑張りたいと思います!

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。