ともこのもと。

Category : 青年海外協力隊―派遣中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルキナファソ大統領選挙

みなさまぼんそわー

2015年11月29日日曜日。

なんだかとても静寂な一日が幕を閉じました。


朝から家の周辺はとっても静か。
今も日曜日だからなのか、いつもならドンドンアフリカンミュージックが流れている時間帯ですが、静寂あるのみです。

さて選挙であった本日、自宅待機でしたが、家の近所への買い物等は行ってもOKとのことで、買い物ついでに商店の隣にある自宅近くの投票所の様子をカウンターパートと偵察。
偵察というか、カウンターパートが投票しに行くタイミングに合わせて私も買い出しへ。


そこに待っていたのは静寂。笑

みんな静かに列をなして並んで順番を待っている。
20151129_113531_01.jpg
なんかこれ、日本の投票所に似てない?ってとても思いました。
ちなみに左側に適当にかかっている紙が投票の仕方を図式化したポスターなんですけど、この有様ですw
さすがブルキナべ。

こんなポスターも。
20151129_115550_01.jpg
各人の良識で投票をと。
自分の意見を押し売りするなというポスターです。
こんポスターがあることに驚いた。
案外ちゃんと選挙は選挙なんだなと、びっくりしました。笑

ブルキナファソでは、Carte d'Electeurという有権者カードを18歳になると交付されるようで、それを所持している人が投票できる仕組みです。
選挙管理委員会のような省の人たちがこのカードを管理しています。
カードの写真撮り忘れた。

午前中の早い時間は混雑しているとのことでしたが、確かにTwitterでも朝から首相やら各政党の党首が投票に現れた等々の報道がなされていました。

面白かったのは国営放送の選挙特番。
しかも生中継w!
すごい気合の入りようだ。
20151129_160128_01.jpg

投票率はどの程度なんだろう。
明日未明には分かるらしいので、それを楽しみに★


ちなみに投票方法は、指紋投票なので、投票した人は指にインクが付いているということでも、投票したかどうかが分かります。
識字の問題もあるので、投票用紙も候補者の写真と、政党のロゴの横に押印できるようスペースがあって、そこに指紋を付けるという形式。
ははぁ~なるほど・・・いろいろ考えられているんだなぁなんて思いました。
買い物帰りにゾルゴのナーバ(モシ族の一番偉い人)にたまたまばったり出会って選挙の話になり、彼もやはり行ってきたようです。

とりあえず今日という日が無事に終わったことでほっと一息。
あとはこの結果をブルキナべがどう受け止めるのか。
まぁ温厚な彼らのことだから、きっと暴動とかこれ以上起こすことは少なくとも民衆レベルではないはずと願っています。
RSPなど軍関係云々になってくるとよく分からなくなるけど、民衆はそんなむやみに暴れはじめるような人々ではないのです。ブルキナべ。


ということで無事に終わったという報告でした♪
スポンサーサイト

ブルキナファソが変わる日

みなさまぼんそわー!

こちら時間では、11月28日の夜23時です。
日本はもう29日になっていますね。
そうです。11月29日。

なんの日???みなさんいやー何の日だっけ?って思ってますよねきっと笑
それもそのはず、日本は特に何の日でもないのですが、ここブルキナファソは明日というか日本時間ではもう今日なんだけど笑、29日は大統領選挙の日です。

27年という長きにわたって政権についていた、ブレーズ・コンパオレにかわる大統領を選ぶ日がついにやってきました。
どんな結果がやってくるのか。
楽しみで仕方ありません。

国が動くその瞬間に、ブルキナファソにいられる幸せ。
もちろんこのせいで9月にはクーデターも起きて、2週間もワガに閉じ込められたし、活動も停滞してしまったけど。

JICA関係者は投票日は一日自宅待機です。

今回14人の候補者が立候補しているのですが、まぁ事実上はUPCという政党の党首と、MPPという政党の党首が一騎打ちの予想。
どちらかが過半数取れなかった場合は、第2回選挙が12月中に実施される予定。。。
1回で決まってくれ。。。と結構真剣に願っているのですが、多分それは難しくて第2回投票も実施されてしまうことになるんでしょうね。笑

今回選挙があるおかげでブルキナべと選挙の話をよくします。
いやー選挙がなかったら絶対覚えないであろうフランス語を覚えられていい機会になりました。

あとここ最近、ブルキナファソを取り巻くいろんな国でテロが起きているので、それ関係の仏語も・・・あんまりうれしくない。。。

私の任地はMPP党首ロック・マーク・クリスチャン・カボレ氏の出身地であるため、完全にMPP一色です。
2015_1126_113529_01.jpg

ちなみにこのMPPは、ブレーズ・コンパオレ率いるCDPから2014年の騒動の際に分派した政党であり、まぁ言うなればCDPみたいなものなので、この政党が政権を握ったところでCDPとどう違った政策を打ち出すのかと言ったところ。
そう言う意味ではUPCの方が有利なのでは・・・と思いつつ、任地にいるとMPPのことしかわからないというジレンマ。。笑


最終的にブルキナべがどんな判断を下すのか。
新しく歩き始めようとしているブルキナファソ。
どんな方向に向かっていくのだろうか。
ゆっくり、じっくり見守りたいです。

さてさて、帰国まで40日を切りました。
任地での週末もあと4回。
いろんなことを計画的に進めて行かないと、あ!間に合わないなんてことになりそうで恐ろしい。


選挙結果についてはまた書きますね。
平和に明日一日が終わりますように。

残り60日切りました!

みなさまぼんじゅーる!

お元気ですか??
タイトルにも書いた通り、遂に帰国まで残り60日を切りました!!!!
今日で残り53日。

ここにきて1日1日が過ぎるのが本当に早く、あれ?!!!もう???
という感覚です。

活動に関してまだまだやれてないことばかりで、焦って活動しているのですが、本当にすべてやり切って帰れるのか謎です笑

そんな中、昨日たまたま活動の合間に村でコットンの収穫をしていました。
この村はいつも行っているさらに奥にある村で、いつも行く村ほどは行ってなかったのですがこの村ではどうもコットンの栽培をしていて、通りがかるとおぉ~コットン畑があるなぁ~なんて思っていました。

ブルキナファソってみなさんご存知ないかと思うのですが、主要な産業としては農業で、ゴマと、コットンが有名なんですよ~!!

いつかの投稿に、ブルキナファソにも冬が!
なーんて山のように積み上げられたコットンと共にお伝えした時があったと思うのですが。

これですね笑
cotton4.jpg

cotton2.jpg

これは既に収穫されたコットンを売りに出すため計量する用に運ばれているもの。
実際にどうやって収穫するのかなぁなんて思っていたのですが、コットンは西で多く栽培されている作物で、任地ではそんなに栽培されていません。
その為収穫したいな~と夢見ていたものの、なかなか遭遇できず・・・・

しかも収穫日に家族総出で一斉に収穫しちゃうから、その日を逃すとまた1年後・・・なんていうことに笑
今回たまたま遭遇できて本当にラッキーでした!!!

いつもいってる隣村での収穫ということで、私の行っている村の人も来ていたのでみんなが収穫してる中にずけずけと割り込み、「みんなー!元気ー?!」なんて言いながら、自分も一緒に小一時間ほどやってきました笑

やり方は至って簡単。
この状態の白い部分から綿を取り出します。
DSCF5514_01.jpg

むしり取ると、中かふわふわの部分が登場。
DSCF5521_01.jpg


いやー幸せでした笑!!!!

こちらでは、男性の仕事、女性の仕事と完全に切り離されて考えているように思います。
例えば、ニワトリや山羊といった家畜を捌くことや家から出て行って出稼ぎをしてくるというのは男性の仕事で、洗濯掃除水汲みといったような家事の部分は女生徒ことどもの仕事です。
でも、こと農業に関しては分業というよりは共に行うというスタンスなのかなという風に思えました。
基本的に年に1回、雨期のタイミングで播種し、乾期の始まりに一斉に収穫するというスタイルならではなのでしょうけど。
DSCF5510_01.jpg


こうしてみると、ブルキナでやっておきたいけどやれてないことがまだまだあるんだなぁと。。
すべてやって帰るのは無理なんでしょうけど、なるべく達成して帰りたいところです。

残りのブルキナ生活、思いっきりエンジョイします!!!
写真は村でヤギの赤ちゃんを持ち上げてみたところ。
勝手に万歳~ってするからとてもかわいい。笑
P1080724_01.jpg

ブルキナファソクーデターその後

みなさまぼんじゅーる!!!

ブログを長いこと更新できないでおりました。。。
ご存知のことか思いますが、ちょうど1か月前のことなのですが、ワガドゥグで前ブレーズコンパオレ大統領のための大統領警護隊(以下、RSP)が、現大統領ミシェルカファンド、および首相であるイサックジダらを捕えて立てこもり、政権を奪還するというクーデターが起こりました。

これを受け、翌9月17日以降、JICAの安全レベルがフェーズ4へと引き上げられ、全隊員がワガドゥグに集められるという事態に。
国外退避の一歩手前、というか国外退避が一時的に決まり、日本に帰る飛行機も具体的に決まったのですが、空港が封鎖されたりなんだりしている間に、この騒動も落ち着き結局退避解除という結末に。笑
約3週間の首都生活を経て、任地に戻ってきました。


この辛かった3週間の生活を記録に残そうとある程度書き残したのですが、なんだか最後まで書ききれない!
という訳で、先に近況を書いてしまおうという結論にw
クーデターから見る、ブルキナファソの社会情勢については次回ゆっくり書きます。
途中まで書いてますがかなり真面目な?というか読んでて楽しいの?これ??と思ったらなかなか筆が進まなくなってしまったんですよね。笑
しかし、ブルキナの現状は、現代アフリカによくある問題の象徴である気がするので、後日ちゃんと綴っておこうと思います。


さてさて、紆余曲折を経て、本来であれば10月11日に実施予定であった大統領選は、11月29日実施が濃厚になってきました。


任地に戻ってくるとやはり普通の日常生活。
特に危険なことはありませんが、昨年同様、ガスがワガから運ばれなくなっているから常に欠品状態、卵もつい先日までないなど、若干不便な今日この頃。

3週間家を空けましたが、出発前に掃除していたこともあり、生活を立て直すのもそこまで苦ではありませんでした。よかった~笑

10月1日から開始予定であった小学校は、10月8日から開始しました。
まだ始まって1週間ということで、学校はバタバタ。

活動はぼちぼちというか今急ピッチで進めています。
11月が本番ですね。超忙しくなりそう。

これまではちょこちょこワガに上がっておりましたが、残り任期2ヶ月半ということで、今回もう帰国前の最終上京までワガに上がらない覚悟で任地に戻りました。

年始1月5日にブルキナを出るため、年末年始は恐らくワガで過ごすことになりそうです。
任地を離れるのは12月20日くらいでしょうか。いやー本当に任地で過ごす日のことを考えるとあとちょうど2ヶ月です。
わー本当に残り少ない!
どれだけやり切ったとしても必ず後悔は残ると思うのですが、それでも可能な限り少なくしたい。

こうして考えてみると、2年半というのは長いようで本当にあっという間。

でも日本の友達を取り巻く状況がこの2年半で大きく変化(結婚、妊娠、出産など)していることを見ると、やはり2年半私は日本を離れていたんだなぁなんて実感せざるを得ないというか。
婚期は逃したのかもしれないけど笑、来て本当に良かった。
かけがえのないものがたくさんできた。

見た目も中身もすっかりブルキナナイズされてしまって、この日本人ブルキナべは帰国後日本社会でやっていけるのかが本当に心配です。

が、心配しても仕方ない!ので、あと2ヶ月半、駆け抜けたいと思います!
私は元気です★

健康貯金

みなさまぼんじゅーる!

お元気ですか?

私はあまり元気ではありません。w
というのも、現在病気?で首都におります。
まぁ病気と言っても、大した病気じゃなくて足の付け根?お尻?付近に細菌が入り感染したらしく、それがどんどん大きくなって痛くなってしまったんです。

痛みを伴いだすと、部位が部位だけに、次第に歩行困難になり、元気だけど動けない!っていう状態になりました。
さすがに写真をお見せするわけにもいきませんが汗
こんなできものできたことないー!という位に大きな腫物ができました。。。
さらに悪化すると発熱したり、腫物を手術で切開して取り出す必要があるらしいです。あぁぁぁ恐ろし。
実はこの腫物は病院を受診する数日前からできていたのですが、見て見ぬフリ笑?というかそのうち治るでしょ!くらいに甘く考えていました。

が!さすがブルキナですね;。;
そうは問屋が卸さない。
どんどん腫れてさすがに歩くと痛いってなった時に、これはこのままでは治らないかも。。
と思い、抗生物質を飲んだ方がいいと病院関係者ではないですが、思いました。
それを健康管理員に相談したところ、病院を受診する流れになり、その日のうちに上京し、受診。

病院に行ったところ、どうやら疲れがたまっていたり、抵抗力が弱まったりすると誰でもかかる症状らしく、深刻ではなかったので一安心。
一人任地にいた時は、ネットであれやこれや検索しては不安になっていました笑

そして、先生に以下の薬を処方され、今はかなり快方に向かっています。

①抗生物質
②抗菌剤
③痛み止め
④軟膏

の4種類もの薬を処方され、17,700FCFA≒まぁ大体4,000円弱かかりました。
これらのお金はJICAの共済会という仕組みで全額カバーしてくれるのですが、ひとまずは自己負担で後ほど返済される仕組みです。
病院に行くたびにお金が飛んでいく。。。(まぁいずれ戻ってきますが。。。)


アフリカにいると変な病気にたくさんかかるんだなぁと実感。
来た直後からたくさんいろんな病気にかかって、もう本当に病弱です、自分で言うのもなんですが。
それにしても健康貯金という言葉を隊員間でよく使いますが、3年目は健康貯金を本当に使い果たしているんだな~と。
派遣前訓練中、駒ヶ根訓練所でたらふくおいしいものを食べさせられるのにも訳があるのですね。こうして健康貯金を蓄えていたのだなぁと実感しました。
そして、その健康貯金は任国で確実にすり減らしていきます。笑
特にアフリカ。。

協力隊でアフリカに行きたいなーって思ってる方。
どうやらアフリカに派遣されるためには、超健康優良児でないと派遣されないらしいので、どうか健康に気をつけてww
私もあと4ヶ月とちょっと。
健康で無事に帰国したいと思います★

AUTEUR

ともこ

Author:ともこ
写真を撮りながら世界中のかわいいもの・おいしいものを探すことが大好き♪現在、32カ国訪問済み.

青年海外協力隊平成25年度1次隊(村落開発普及員・水の防衛隊)として、西アフリカ・ブルキナファソのゾルゴ(首都から東方向約110キロ)にて活動中。ブルキナファソの今をゆったりと綴っています。

BIENVENUE

CALENDRIER

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QUELLE HEURE EST-IL ?

MÉTÉO DE Burkina Faso

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

旅準備参考書

検索フォーム

QRコード

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。